マンガ名作講義

  • 情報センター出版局
2.94
  • (0)
  • (3)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784795829633

作品紹介・あらすじ

朝日新聞連載「マンガ名作講義」を大幅加筆しついに単行本化!! 作家、評論家、ミュージシャン、美術家ら44人の豪華執筆陣による、これまでにない“自由な”目線が新鮮なマンガ評論集。「あしたのジョー」「天才バカボン」「動物のお医者さん」「漂流教室」「ガラスの仮面」など42作品を、個人的背景や専門分野と重ね合わせて徹底解説。次に読みたい作品が見つかる「名作LINK!」と、巻末資料「主要マンガ家200人作品リスト2000」もついて内容超充実!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オールタイムではあるけれど、比較的、古めの作品がうまく網羅されていて、よかった。

    いろんな人が作品を挙げているのだけれど、視点が違い、中には矛盾するものなんかもあったりして、それも面白かった。

    この本を読んで、読みたくなった作品。

    「ポーの一族」
    「風の谷のナウシカ」
      (実は4巻くらいまでしか読んでいない)
    「絶対安全剃刀」
    「わたしは真悟」


    あと、あらためて名作だと感じたもの。

    「自虐の詩」

  • いろいろ読んでみたくなった。

  • 「名作」だからしょうがないのかもしれないけど、いかんせん古い作品が多すぎる。マンガもそれだけ歴史を積み重ねたということか。あと、マンガ自体の講義というより、そこそこ著名な人が「私はむかしこのマンガを読んで感心しました」的なものの寄せ集め。

  • 「この人もマンガに夢中そんな時代誰もがしゃべりそうだそうだと」

  • 面白かった。
    詳しい感想はブログに書いています。
    <a href="http://sanoua-cinema.seesaa.net/article/96972797.html" target="_blank">こちらからどうぞ</a>。

  • 実質ただのマンガリスト。執筆陣は各界から集めた死ぬほど豪華な感じのだが、個々の記事は個人の思い入れ作文の域を出ない。いやそれは言いすぎだ。でも、あらすじとかないからよくわかんないんだもん。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

翻訳家、エッセイスト。絵本の翻訳を多く手がけているが、レイン・スミスとジョン・シェスカのコンビのものでは『イカははいかようにしてもイカだ』(ほるぷ出版)『算数の呪い』(小峰書店)。レイン・スミスのものでは『こどものなかま』『グランパ・グリーンの庭』『ほんとさいこうの日』(レイン・スミス作、いずれもBL出版)などがある。ほかに、『アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ』(ジャーヴィス作、BL出版)、『アボカド・ベイビー』(ジョン・バーニンガム作、ほるぷ出版)など多数。児童読み物には『ぼくがいちばん ききたいことは』(アヴィ作、ほるぷ出版)など。

「2019年 『新版 くさいくさいチーズぼうや&たくさんのおとぼけ話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青山南の作品

ツイートする