写真で読む 僕の見た「大日本帝国」

著者 :
  • 情報センター出版局
3.38
  • (3)
  • (3)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784795831230

作品紹介・あらすじ

十字架と共存する鳥居、青い日の丸、ロシアの鳥居、見せしめにされた記念碑、落書きだらけの慰霊塔……かつて日本の領土だった国々に残る、その不可思議な光景の理由は? 4年の年月を費やし、「日本時代の痕跡」を探して「大日本帝国」だった各地を踏破した、新進気鋭の著者によるかつてないノンフィクション。戦後60年間埋も れていた、あなたの知らないニッポンの姿がいま初めて明らかになる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 僕の見た大日本帝国の写真紹介編です。と言っても写真がたくさんというわけではなく、先に出版された本を写真を多めにして再構成したという感じで、このあたりの歴史に詳しくない方は、むしろこちらから読み始めると写真が多くイメージしやすいかもしれません。内容としては前作の続編ですが、読んでいなくても別段問題なく読み進めていくことができます。当時大日本帝国の版図だった国の人たちがどのような思いで暮らしているのか?現在の隣国との関係を知るにも良い本です。

  • 歴史を教えるときの副読本にいいかも。こんなところに「神社」!というシンプルな驚き、でも事実。子供の教科書はちゃんとチェックしよう。偏るかも。

  • 偏った視点で無い所が良い。

  • 『僕が見た「大日本帝国」』とセットで読むといいかな。

  • 西牟田靖さんが書いた『僕の見た「大日本帝国」』
    刊行以降、幅広い層の読者からさまざまな反響が届いたそうです。
    その中の「もう少し写真が見たかった」という声が背中をおしてくれて、このたび未公開写真を発表するとともに、新たに書き下ろしました。

    私はこの二冊を同時進行で読みました。
    だからより深く理解することができました。

    ほんとうに読んで良かったです。
    自分、行けないし。
    ありがとうございました。

全6件中 1 - 6件を表示

西牟田靖の作品

ツイートする