証券マン社外秘日誌

著者 :
  • 情報センター出版局
3.25
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784795834125

作品紹介・あらすじ

大手証券会社の元エリート営業マンが恐怖の伏魔殿「証券会社」の舞台裏を始めて暴露しちゃった赤裸々エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 証券会社の暴露本

  • 20110511読了。
    バブル期の日本における大手証券会社に勤務していた著者が語る
    証券会社の営業マンの実情をユーモラス(?)に描いた作品。

    証券会社ってこんなむちゃをいう会社なんだよ、という事例を
    数多く挙げてる。
    ・30分ごとに営業成績をノルマのどれだけ満たしたか報告させられる
    ・ノルマを超えるまでは家族の死でも帰らせてもらえない
    ・証券会社の内部の理由でいろいろと商品を買わせられたり

    なんとなく業務のイメージがつきづらい証券会社だったけど
    イメージがわく、という意味では参考になった。

    ただ、現在の会社でも同様の体質なのだとしたら
    法的にも労働環境としてもかなり劣悪なように感じる。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

証券マン社外秘日誌はこんな本です

ツイートする