思い立ったらすぐに行けちゃう週末アジア!―プラス有給1日で行ける12都市案内

著者 :
  • 情報センター出版局
3.32
  • (4)
  • (15)
  • (21)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 145
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784795836730

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 週末に、「ちょっとそこまで」というようなスタンスで行く旅行記。
    海外旅行に対して気負いがある人の(私の)背中をちょっと押してくれる。

  • 読むとアジアに行きたくなる!夜行便→会社は結構辛そうな気がする。

  • まったく深さを感じさせない旅行本ではあるが、
    週末というキーワードなので、それもまたよし。

    私も週末上海したことあるが、
    その週、月曜日からものすごくきついんだよなぁ。。。

  • これは、手軽でいいです。何がいいかっていうと、我々のような日常忙しいサラリーマンにぴったりの本です。時間がないサラリーマンでも、海外旅行を週末に行うことができることを証明してくれてます(プラス1日有休ですが)。私も昨年初めてタイにいったのですが、あのアジアの喧騒に再び触れたくなってきます。もちろん本書はタイだけではなく、マレーシア、シンガポール、ベトナム、中国、韓国、はたまたグアム・沖縄などなど。筆者が先に行って調べてくれているという感じで我々にとっては安心させていただき助かると同時に、文章だけでもいった気分にもさせてくれるところはさすがです。

  • 「週末海外」よりももっと「週末」に特化した旅の本。
    12都市案内とあるけれど、ガイド本というよりは著者の旅の記録を読むような感じ。
    週末+1日でこれだけの旅が出来ると分かると、温泉もいいけどアジアもいいなーという風に選択肢が増えるかも知れないですね。

  • いやあこの手の本を読むと海外旅行に行きたくなって仕方がない。週末に一日有給をつけるだけで結構いろんなところに行けるんだな〜と実感します。

  • 二年前に行ったインドネシアをがっつり思い起こさせてくれた。

    始めての海外にして、友達につれられてプチバックパッカー体験(最終日にひとり、謎の村に連れていかれたw)をし、いささか強烈すぎた旅だった。
    でも凄く楽しかったなぁ

    あのどくとくのこゆい空気、匂い、人の感じを思い出すと、もの凄く懐かしくて、あぁ、いい場所だったな、また行きたいかもしれないな、と想う。

    かなりインドア派の自分だが、ちゃんと稼いで、仕事も安定したら、ふらーっとこんな風にアジアに繰り出したりできるようになるとよいなぁ……

    ベトナムが、たのしそう(o^^o)

  • アジアの魅力はまだよくわからない 香港・上海はちょっと行きたい

  • サンデートラベラーの吉田氏の著書。

    ご自身が行かれた週末アジア旅行に絞って書かれてます。
    行き先:バンコク、チェンマイ、シンガポール&インドネシア、クアラルンプール&マラッカ、ホーチミン、ソウル、北京、香港&マカオ、上海、台北

    非常に旅慣れた方の体験談なので、同じようなことをするのは結構難しいと思います。実行するにはかなりエネルギーが必要そうですので、あくまで参考。

    吉田氏が利用しているサイトの紹介や、フライトの組み方などは役立ちそうです。

  • アジア旅行に『ちょっくら行ってくるかな?』みたいなバイブル本。
    今は格安航空券もあるし、やっすいホテルも日本で予約できる。
    世界は意外に近いのね、って思える一冊。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

著者略歴: 1976年千葉県生まれ。旅行作家。妻の松岡絵里と旅先からリアルタイムに更新し続け話題になった旅行記サイトの書籍化『世界一周デート トモ&エリの607日間ハネムーン』(TOKIMEKIパブリッシング)でデビュー。その後夫婦でまとめた世界一周旅行ガイド『してみたい!世界一周』、会社員生活の中での海外旅行体験をつづった『仕事が忙しいあなたのための週末海外!』(ともに情報センター出版局)が大きな反響を呼び、旅行作家としての活動を本格的に始める。これまでに世界90カ国以上を訪問し、現在もほぼ毎月海外へ出かけている。雑誌等への寄稿および記事監修のほか、編集者として旅行ガイドの制作なども手がける。近刊は『スマートフォン時代のインテリジェント旅行術』(講談社)、『自分を探さない旅』(平凡社)など。

「2014年 『35歳からの海外旅行<再>入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田友和の作品

思い立ったらすぐに行けちゃう週末アジア!―プラス有給1日で行ける12都市案内を本棚に登録しているひと

ツイートする