僕はいつでもここにいます

著者 :
  • 情報センター出版局
3.36
  • (1)
  • (3)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784795844124

作品紹介・あらすじ

独特の笑いのセンスを持つキャラメルボックスの看板役者・西川浩幸。キャラメルとともに歩んだ舞台人生を、彼特有のシュールな真面目さとユーモアと愛で語る。これまでの公演エピソードや役者の仕事、劇団員たちの日常、劇団写真などが満載のキャラメルファン必携のこの一冊。上川隆也との対談収録!舞台俳優を目指す読者に向け、発声の方法や気持ちの作り方など役者技術のエッセンスを凝縮した「楽しくお芝居をするためのヒント」を巻末収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • キャラメルボックスの俳優、西川浩幸による本。
    演じてきた中で気づいたこと、学んだことを小さい頃から作品ごとに書いてあったり、上川隆也との対談があったり。
    具体的なことは役者ではない私が日常的に行うことではないけれど、悩むのではなく考えるとか、相手の視点でものを見るとか、気持ちの持ちようとか、生かせることが沢山あるな、と感じた。
    またキャラメルボックスを観に行こうかなぁ。

  • 演劇集団キャラメルボックスの看板俳優西川さんの20年を振り返る本。
    キャラメルの歴史は西川さんが築いてきた。
    西川さんがいなければ、キャラメルにも出会えなかったわけで、キャラメルに出会わなければ、演劇の面白さも知らずに生きていっただろうことを考えると、本当にありがたい、どれだけ感謝してもし足りない存在。
    この本でも、楽しむことと、続けることの大切さを教わりました。今度はまた、舞台を。

  • タイトルからして
    なんとなく好きなんですよね。

    お話の途中に出てくる

    「レベルアップする瞬間は
     ずっと低迷した後にふと訪れる」

    という感じの言葉が好きです。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする