論文って,どんなもんだい―考える受験生のための論文入門 (駿台受験シリーズ)

著者 :
  • 駿台文庫
4.00
  • (4)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796115643

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小論文とは、与えられた題に「問い」を立て、その「問い」に対して回答していくことである、と明確に定義しているのでとても分かりやすい。
    そして「問い」の立て方を徹底的に解説する。
    目からウロコの一冊。

    以上

  • 論文の書き方について父と娘が対話をおこなうという形式で書かれた入門書です。野矢茂樹の『論理トレーニング』(産業図書)の中で紹介されていたので、手にとって見ました。

    本書を読んですぐに小論文が書けるようになるといった即効性はないので、時間の足りない受験生にはあまり積極的に推薦できないのですが、「論文」「問題」「主張」といった概念がそれぞれ何を意味しているのか、といった根本的な説明があるので、一度目を通しておくのも有益なのではないかと思います。

    それはともかく、巻末に「論文のうた」というページがあって、「論文書くのはどうすんだい/どこで教えてくれるんだい/教えるところがあるのかい/それを知らんでどうすんだい」という1番から始まって40番までの歌詞が掲げられているのですが、センスがシュールすぎていまだにどのように受け取ってよいのか理解できないでいます。

  • 450円。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

おかだ・としひこ
1946年、兵庫県生まれ。
神奈川県職員、予備校講師などを経てフリーに。
『カラー版  鎌倉 感じる&わかるガイド 岩波ジュニア新書』
(関戸勇との共著、岩波書店、2004年)、
『論文って、どんなもんだい  考える受験生のための論文入門
 駿台受験シリーズ』(駿台文庫、1991年)、
『ことばあそび同音漢字問題集  岩波ジュニア新書』
(岩波書店、2001年)などの著書がある。

「2020年 『北鎌倉・大船「変わった」ガイド(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡田寿彦の作品

ツイートする