傷痕にキス (ガッシュ文庫)

著者 :
制作 : 吾妻 巳緋 
  • 海王社
3.50
  • (2)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796400275

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 割れ鍋に綴じ蓋って感じのCPだった

  • 同級生 再会愛

    結局は最初からラブラブだったという話。
    最初から最後まで中途半端だったというか、
    途中しか描かれていないというか、
    高校時代の話から今までの話がもっとじっくり描かれていていればよかったのかもしれません。
    挿絵はキレイでよかったです。

    ☆あらすじ☆
    彼の声が、表情が、仕草が、身体の奥を熱くする―。斉木昂哉は高校時代に1度だけ関係を持って天堂戒を想い続けている。無理矢理の情交だったけれど、彼が見せた刹那の優しさに焦がれていた。思いがけず再会し、会社員を辞めて戒がVIP客であるダイニングバーのスタッフになった昂哉。昂哉を覚えていない様子の戒は冷たいが、そばで見つめていられたらいいと思っていた。ところがある日、苛立ちをあらわにした戒に再び身体を奪われ―。

  • 傷痕にキス
    (同人誌発表作品を改稿・改題) 
    傷痕にキス・2
    (同人誌発表作品を改稿・改題)

全3件中 1 - 3件を表示

傷痕にキス (ガッシュ文庫)のその他の作品

神楽日夏の作品

ツイートする