金曜日の凶夢 (ガッシュ文庫)

著者 :
制作 : 稲荷家 房之介 
  • 海王社
3.84
  • (13)
  • (25)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 149
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796400602

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ◎有名バイオリン奏者・紀ノ川滋の行動を監視すること。―それが良麻に科せられた使命。紀ノ川の想い人そっくりの顔になり音大に潜り込んだ良麻。紀ノ川に近づき、マネージャーの仕事も任されて、親しくなることに成功するが、良麻の心は揺れていた。何故なら彼は、ずっと憧れの人だったから。別の誰かに心を奪われるくらいならいっそ身代わりでもいい、抱いてほしい―。切なくも狂おしい恋物語。
    詳細
    出版社: 海王社
    発売日: 2010/7/28

    *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

    タイムトラベラー物二作目。
    シリーズ内で一番好きです。(主人公が悩んでぐるぐるする話が好きなのでw)

  • 水曜日の悪夢より断然好きだ(≧∀≦)こちらを読んで、水曜日のアレコレはこういう事だったのね…と。バイオリニスト紀ノ川と未来からきた良麻のお話。ラスト、ああああぁ(´;ω;`)と思ったけど良かったよぉヾ(*T∇T*)出来ることならラストイラストも見たかった!

  • 『水曜日の悪夢』の続編。
    この作品は、水曜と金曜の両方を読んでこそ、面白さがUPすると思う。
    前作で脇役だった紀ノ川のお話。
    紀ノ川のキャラは個性的(笑)で好き。
    ヘンコで、掴みどころ無くて、ちょっといい加減っぽいが、
    ちゃんと本質を見極めるところがステキ。
    読むなら、是非とも「水曜日・・・」と合わせて読んでほしい。

  • 『水曜日の悪夢』
    ⇒『金曜日の凶夢』スピンオフ
    『火曜日の狂夢』スピンオフ

    水曜日・・・が結構重たい話だった(正直、好きになれなかった)ので、
    これはどうかなとビクビクしながら読みだしたのですが、
    良い意味で裏切られました。
    面白かったです。
    紀ノ川のずば抜けた耳の良さに乾杯!

  • 水曜日~のスピンオフですが、前作を読んだ方が絶対いいです。
    設定で?となりつつ、バイオロイドの人優しすぎwwとか
    色々思うところはありましたが、読んでて
    切なくて胸が痛かったです。面白かった~。
    こういう切ない系もっと読みたいw

  • 水曜日を先に読みましょう。

  • 火曜日~が出た後再読。
    紀ノ川の変人っぷりは最高です。細かい所は忘れていてまたドキドキ楽しく読めました。二人が幸せになって良かった。BLっていいな。

  • ぼくの!だいすきな!すこしふしぎ系BL!
    水曜日の悪夢はループもので、今作の金曜日の凶夢はループしたことで出来た世界の話でもうちょう興奮する…
    世界設定に興奮するBL小説とかあんまりないのですげー嬉しいです
    ふたりの恋模様とかもかわいくてよいなー夜這いにくるのに恥ずかしがる受けの子かわいいかわいい
    あとラストがとてもよいですねー

  • ぼくの!だいすきな!すこしふしぎ系BL!
    水曜日の悪夢はループもので、今作の金曜日の凶夢はループしたことで出来た世界の話でもうちょう興奮する…
    世界設定に興奮するBL小説とかあんまりないのですげー嬉しいです
    ふたりの恋模様とかもかわいくてよいなー夜這いにくるのに恥ずかしがる受けの子かわいいかわいい
    あとラストがとてもよいですねー

  • 「水曜日」よりファンタジー色が強かったような・・・。
    紀ノ川の変人キャラは好きだったんだけど、ストーリーが非現実的すぎてイマイチでした。
    未来からやってきた紀ノ川のファンの良麻が紀ノ川が子孫を残さないように監視するため、紀ノ川に近づく話。
    良麻が紀ノ川好きなのはわかるんだけど、なんで結局紀ノ川が良麻を受け入れたのかさっぱりなんだよね~~~
    でもラストはよかった!!なんかちょっと愛がある~って感じで☆

全21件中 1 - 10件を表示

金曜日の凶夢 (ガッシュ文庫)のその他の作品

夜光花の作品

ツイートする