恋の契約は偽りとともに (ガッシュ文庫)

著者 :
制作 : ホームラン・拳 
  • 海王社
2.63
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 23
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796400619

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013年一発目の本はこちらです。面白かった。
    尚也のウケウケしいけれど幼子みたいなショタではないところは結構好きでした。
    遼司がもうちょっとおとなな雰囲気があったのですが、表紙からは期待していなかった分お得な一冊となりました。
    でも、番外編として叔父さんの話が読みたいです。王道な感じにはなると思いますが、借金まみれな30歳の男の受け。いいですね!

  • 伯父のせいですれ違い続けて可哀想だけど結果ハッピーになれて良かった。
    伯父サイドも気になる。

  • 伯父が借りた借金返済の為に 青年・尚也 は伯父の友達 遼司 の元へ。

    伯父も、友達も全てゲイってのも妙だけど・・・
    まぁ、フィクションの世界ですから。
    なんか腑に落ちないかな?
    遼司の暴走っぷりと、独占欲は面白いギャップだと思う。
    自分が思う以上に、周りの人の方が良く判っている例。

    結局は 伯父に踊らされた格好 でlastはラブラブ、イチャイチャです。

  • 父が死んだ時中学生だった尚也は唯一の親戚の叔父・栄治に引き取られて7年たっていた。しかし栄治はギャンブル好きでいつも借金だらけ。今回その新たな借金をするために栄治の友人の遼司と一晩寝て欲しいと言われた尚也は初めての事だがしぶしぶOKする。
    遼司の家に行った尚也は不機嫌な遼司から抱く代わりに家事等をする契約をして…。

    毎回、水島先生の作品はフワリとした緩い気持ちで読むのですが、今回シチュエーションが私の好みでなかったせいか、尚也の気持ちに感情移入出来ないまま、最後になりました。
    尚也も遼司も素直じゃなくてやきもきしたのと、遼司が普段は優しいのにいきなり鬼畜みたいな暴君になるのが付いていけなかったような。

    Hシーンはこの作品ではあまり萌えませんでした(何故かな)

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

福岡在住。水瓶座。O型。1996年にBLでデビュー。著書は『誘惑されたアイスドール』『過保護なフィアンセ』(エタニティブックス)など210冊以上。恋愛小説の他に、BLやキャラ小説、少女向けライトノベルを執筆している。

「2018年 『押しかけメイドの恋人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

恋の契約は偽りとともに (ガッシュ文庫)のその他の作品

水島忍の作品

ツイートする