或るミステリ作家とその担当編集にまつわる記録 (GUSH COMICS)

著者 :
  • 海王社
3.57
  • (12)
  • (49)
  • (38)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 278
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796402125

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヘタレミステリ作家×ドS編集。好きなパターンです。編集の内輪的作品は様々あるけど、ドS編集っていうのは真に迫っていて面白いです。
    仕事に行き詰った波木に作品を書かせるために、身体を張る編集の猪又。波木はDTでHに疎いため、そういうシーンが苦手なんです!で、担当編集の責任で猪又は実践でラブシーンを書かせてたら、波木は調子に乗っていつの間にか恋人気取りになっていて。
    二人のやり取りが面白いです。笑えるけどエロい。猪又がエロすぎ。
    そして、波木がかわいいです。純情わんこ!「都会に生きる最後の天使」っていうところで爆笑してしまいました。その通りだと思いますけど…!
    この方の描く絵柄は、ちょっと好みから外れるんですよね。きれいで、デッサンもしっかりしてるんだけど、なぜか今ひとつ。

    「プリーズ・テル・ミー」この話もよかったです。同級生の二人が恋人関係になるまでが、楽しくてドキドキさせられました。優等生と就職コースの能天気な子。京介は太一と一緒にいると癒され和むんです。そして、ひそかに太一のことが好きなんですが、京介からすれば太一はお子ちゃまでアホで恋心なんてわかるかどうか怪しいと思っています。
    わかってないようでいて、すごく素直な反応を見せる太一に逆に煽られてしまう京介。
    ( ̄ー ̄)ニヤリとしてしまいました。エロかったです。
    「プリーズ・ラブ・ミー」は、大学生と社会人、それぞれの道に進みながらもいっそうラブラブな二人が描かれています。初っ端のページから太一がかわいい!仲の良さを見せつけてくれます。
    太一の成長ぶりにますます惚れ直す京介の気持ち、ものすごく共感できました。ありのままに生きていく太一が眩しいです。

  • どヘタレ売れっ子作家とどS淫乱バイの編集者。
    攻めの作家がかわいい。
    受けに縛られて目隠しされて感じまくりのエロい攻めの、どM具合がいい感じ。
    この攻めは受けても感じまくりになるんじゃないかなぁと思わせます。

    進学科の高校生と就職科の高校生。
    賢いイケメン高校生がおバカな癒し系高校生にキュンキュンしちゃいます。

  • 再読。表題、超売れっ子DT作家(ヘタレ)・波木×ドS編集(淫乱)・猪又。いやぁ、久しぶりに読んでも楽しいドSっぷり♪ 先生がメッチャピュアなのがまた可愛くて、自ら「バイで快楽主義者で男ならネコ専」だと言うドS編集が先生に絆されていく課程もいいです。しかも受けが攻めに目隠しプレイ♪ これがまたエロで萌え転がります… 何だかんだ言いながら猪又、先生の事好きだよね!!って思えるから良い。もう一つの高校生カプも可愛いらしい話でこちらも好きなお話です。

  • 表題作も、もうひとつのおはなしも楽しくて好きです。

  • 2組のカプ、7編の作品が収録されています。
    タイトル作品のカプは、タイトルのまま
    小説家×担当編集で、もう1組が高校生カプでした。
    どちらのカプも私は好きだったので、
    楽しめました。

  • こんなに乳首大きい男の人っているの?(^o^三^o^)

  • 童貞ミステリ作家×担当編集

  • カバー下作者コメントあり。

  • 担当と作家の関係がどうしても面白くってエロさよりもそっちに目がいきました。
    後半のお話も満足で、素敵な一作でした。

  • ヘタレ作家もよかったけど同時収録のおバカが可愛かった〜!

全21件中 1 - 10件を表示

或るミステリ作家とその担当編集にまつわる記録 (GUSH COMICS)のその他の作品

倫敦巴里子の作品

或るミステリ作家とその担当編集にまつわる記録 (GUSH COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする