しめきりはご飯のあとで (ガッシュ文庫)

著者 :
制作 : 高城 たくみ 
  • 海王社
3.00
  • (0)
  • (4)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :51
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796403146

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まったり商店街BLかと思いきや金髪スパダリ攻様だーー!
    アシュレイいいよアシュレイ。
    お弁当描写もお屋敷描写も楽しめました。
    ところでガッシュ文庫微妙に版が大きくて普通のブックカバーに入りません………

  • 主人公の気持ちの流れがまったく分からないままハッピーエンドらしきものに辿り着くのですっきりしなかった…。

  • ご飯直後だというのにお腹がすくお話でした。

  • 外国人×日本人。餌付けされるアシュレイが可愛かったです。もう、完全に尻に敷かれているではないですか(笑)。弟がもっと出張ってくると思っていたのだけれど、なんか結構平和に解決。

  • ※辛口注意

    この作家さんの本は初めて購入しましたが…びっくりするぐらい受け付けませんでした。
    カップリング云々ではなく、文章が…。

    受視点ではあるのですが感情の動きがさっぱり見えず、(いつの間にか好きになっているし、理由なく流されているように見えるし)読者おいてけぼり感がすごいです。
    台詞での言い合いが延々と続き、途中に少しだけ状況描写を入れて――と、まるでドラマの台本を読まされているような印象を受けました。
    「!」「っ」の多用は作家さんの特徴なのだとは思いますが、わざとらしすぎて引いてしまいます。(特に後半)
    かっちりした文章のBLを読みたい人には向かないかもしれません…。

    あとがきを読みながら思ったのですが、この受=作者という視点で書かれているような気がしました。
    攻や弟に対して作家の理想が詰まっているのだとは思いますが、弟に対して美少年だのイケメンだの呼ばわりをし、あまつさえ自分のことを兄ちゃん呼びする29歳は嫌だなーと思ってしまいます。
    男×男を期待して購入しましたが、攻もゲイというだけで特別男らしくないし、受も年齢の割に幼い思考回路の持ち主で期待外れでした。

    高城たくみ先生のイラストはとても良いです。

  • 受けが世話焼きでオトコ前。

全8件中 1 - 8件を表示

しめきりはご飯のあとで (ガッシュ文庫)のその他の作品

高月まつりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

しめきりはご飯のあとで (ガッシュ文庫)はこんな本です

ツイートする