ハウスメイドに恋をして (ガッシュ文庫)

著者 :
制作 : 桑原 祐子 
  • 海王社
3.14
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796403979

作品紹介・あらすじ

「もう一度キスをしたら、引き返せませんよ?」幼い子持ちやもめの入江杏介宅では、優秀なハウスメイドを雇っている。住み込みで働く都築は、料理も掃除も完璧で、子供にも優しく面倒も良くみてくれる男前。いつしか杏介は都築の細やかな心遣いに惹かれるようになった。だけど、杏介にだけはいつも無表情でそっけない。都築への切ない想いを抱えた杏介は、思い余ってキスをしかけるが-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハウスメイド攻め×妻を亡くした子持ちサラリーマン受け

    亡くなった奥さんの存在が常に身近にある描写の作品ですが、一年を通して互いの両親や家族がゆっくり歩き出す―という家族の再生物語でした。

  • ハウスメイド・都築青志×子持ちやもめ・入江恭杏介

  • 森本さんも、相変わらずだけど、なぜか少しトーン落ちて読みやすい感じになってたような。わりにいい話でした。挿絵がいいし。

  • (あらすじ)
    「もう一度キスをしたら、引き返せませんよ?」
    幼い子持ちやもめの入江杏介宅では、優秀なハウスメイドを雇っている。
    住み込みで働く都築は、料理も掃除も完璧で、
    子供にも優しく面倒もよく見てくれる男前。
    いつしか杏介は都築の細やかな心遣いに惹かれるようになった。
    だけど、杏介にだけはいつも無表情でそっけない。
    都築への切ない想いを抱えた杏介は、思い余ってキスをしかけるが―!?


    (感想)

    都築青志(住み込み家政婦)×入江杏介(商社勤務)


    2年ほど前に妻を亡くし、子供のためにと雇った住み込み家政婦さん(勿論男性)
    子供とは笑顔で接するのに、自分に対しては無表情で冷たい態度。
    もしかして自分は嫌われてるのか??

    そこで気になったのが、
    たくさんの家からハウスメイドの推薦状を貰ってるにも関わらず
    なんでその家を辞めているのか??
    彼には人に言えない何か問題でもあるのか?!

    だけど一緒に暮らしていくうちに都築といるのが楽になって。
    妻が死んで以来疎遠になってた義理の両親との埋められない感情など
    今まで溜め込んでたものが彼が間に入ってくれることによって
    だんだんとお互いがしこりに思ってたことがなんでもないことのようになるのです。

    そして明らかになった彼の過去(何故、今までの家で仕事が続かないのか?)
    住み込みで働いていると、
    だんだんと雇い主が彼の事をそういう意味で好きになっていき
    自分のパートナーがいるのも関わらず、ものにしようという人が多いということ。
    その為、好きになられる前にその家からは退散するという。
    それが1つの家で長続きしなかった秘密。
    私はてっきり無表情な仕事ぶりなので、
    雇い主とコミュニケーションが取れず辞めてるのかと…
    (ははは、まったく違ったわ)

    その後は言うまでもなく今の雇い主とくっつく訳ですが
    その辺があまりストンとしないというか…
    たまたま前の妻のことが忘れられず、家政婦の仕事を始めても
    自分に気が向かなかったのが良かったらしいのですが…

    う~ん。

    でも子供が可愛いかったから星三つということで!!

  • きゅん。ハウスメイドLOVE。大切な人を亡くすのは辛いことだけど、悲しんで一生過ごすのは辛すぎる。杏介幸せになれてよかった。

全5件中 1 - 5件を表示

ハウスメイドに恋をして (ガッシュ文庫)のその他の作品

1-B07DW5KY84の詳細を見る Kindle版 1-B07DW5KY84 森本あき

森本あきの作品

ツイートする