ジェリーインザメリィゴーラウンド (1) (宝島社文庫―Comics)

著者 :
  • 宝島社
3.50
  • (25)
  • (25)
  • (81)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 236
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796616003

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • このころのファッション誌に連載されてる漫画っておもしろかったおね

  • カツヤめっちゃすき、すごろくやりたい

  • けっこう前のだけど
    古いかんじじゃなく。

    たのしそ!

  • 安野モヨコのマンガはほとんど師匠が貸してくれたのだった。
    小学生のわたしにこのマンガを渡す師匠。
    「ま、人生勉強にね」と言っていました。
    なにがやねん!ベッドシーン出てくるから?

  • 背筋をのばしてまっすぐ歩こう。

  • 多分、昔読んでたら、途中で投げ出していたよなぁと思います。「NANA」も最初、そう思ったけど。でも、安野 モヨコだから、もうちょっとしたら面白くなるはず……とか思っています。

    主人公のいい加減さに、共感できないというのはありますね。イマドキなのか……。そんなに今でもない気もいますが。

    いい加減なジェットコースターに乗ってるみたい。まあでも、初期の作品なので、たいしたことないのかも。

  • 安野モヨコのこういう漫画ってなんか安心する。
    悪ふざけしながら描いているかんじがして、あー力抜いて読もう…って思える。
    雑誌CUTIEに掲載されていたという事もあって、お洋服の系統もその当時の流行がモロに反映されていてそれがとっても可愛い。
    話的にはポンポンあっちこっちに飛んで行っちゃって、なにか考えさせられるようなポイントも少ないんだけどなんとなく「いいな」って思わせてくれる説得力はちゃんとあって、不思議です。

  • 安野モヨコさんの本を辿っていて発見。
    正直・・・よく理解できず。。
    ・・・が、思い出した!これキューティで連載してた頃ぽつぽつ見てた。
    なつかし過ぎる。

  • 安野モヨコ作品を読むたび女子力について考えてしまう。
    女子たのしまなっくちゃ〜。

  • 全3巻。可愛くてちょっと不思議で変なコたちのお話。

全30件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1971年、3月26日生まれ。おひつじ座。O型。
1989年、「別冊フレンド」誌上でデビュー。95年、「FEEL YOUNG」に連載を始めた 『ハッピー・マニア』が大ブレイク。以後『ジェリービーンズ』『花とみつばち』 『監督不行届』『さくらん』『シュガシュガルーン』、美容エッセイ『美人画報』などヒット作を連発。『シュガシュガルーン』では第29回講談社漫画賞を受賞。現在『オチビサン』と『鼻下長紳士回顧録』連載中。

安野モヨコの作品

ツイートする