ビッグボーナス (宝島社文庫)

  • 宝島社
2.97
  • (6)
  • (16)
  • (72)
  • (18)
  • (7)
本棚登録 : 226
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796644860

作品紹介・あらすじ

犯罪小説に新たなる金字塔!パチスロメーカーで企画開発をしていた主人公は、今は攻略情報を売る超やり手の営業マン。軽妙な爆裂トークで、ガセネタの攻略法をパチスロ中毒者に売りつけ、大金をふんだくっている。やがて、そんな彼の周囲で不穏な空気が流れ始め-。パチスロ・ノワールという新ジャンルを切り開いた第2回『このミス』大賞優秀賞受賞作が圧倒的支持を受け、ついに文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • パチスロメーカーで企画開発をしていた主人公は、今は攻略情報を売る超やり手の営業マン。軽妙な爆裂トークで、ガセネタの攻略法をパチスロ中毒者に売りつけ、大金をふんだくっている。やがて、そんな彼の周囲で不穏な空気が流れ始めー。

  • パチスロノワールって何ですか?入りはすごく面白かった。攻略法を売る悪徳企業の従業員。目の付け所はすごく面白いなあと思ったし、料理次第ではどんな作品にも化けるポテンシャルがある入りだった。なのに。パチスロの話は物語の根幹には全く関わってこず、誰が情報を流したのか、誰が誰と付き合ってどんな関係なのか、そんなありきたりなミステリー(サスペンス)に収束。凡百。パチスロ関係ない!!ワクワクして買ったのに!

  • 前半のうまく客を騙しているほんわかした感じと後半のヤクザが絡んだやり取りはなかなかおもしろく、スピード感も良かったと思います。自分はパチスロもパチンコもやりませんが、ギャンブルはやっぱりやめておこうと思いました。

  • 前半はスロットの攻略情報(詐欺です)を売る話。
    →じっくり読めます

    後半は攻略情報を廻りヤクザとのドンパチ。
    →物語のスピードが加速します

    終始、自信過剰でオレオレの主人公の視点で物語は展開していきます。


    物語に登場する顧客に思うのは、貧乏人が楽して稼げる何て事は絶対に無いんだからギャンブル依存症なんて言葉を拠り所にしないで真面目に働けという事です。

  • 攻略情報会社の内情だけでよかった。はじめはよかったのにね。性描写も暴力描写もいらん。よね〜。

  • パチスロ、攻略情報、興味の持てない話かとは思ったが状況説明は丁寧。それでも別世界の事として最後まで来てしまった。

  • まぁまぁかな。
    アングラな世界の話だけどそういうのもありかなぁと

  • 『相棒』でものすごく印象に残った話を書かれた脚本家だったので、ギャンブル小説に抵抗を持ちながらも読んでみた。
    相棒のようなどんでん返しを期待したのだけど…。女性読者には、性描写がくどくて辟易した。

  • テンポが良く、久々の一気読み。
    この作家の作品は初めてだったが、
    ぜひまた読んでみたい。

  • 『このミス』大賞優秀賞受賞作です。
    パチスロの攻略情報会社の裏を描いた話。

    うーん。。。。この本は、男性向けだなぁ~。って感じのちょっとハードボイルド系。
    まぁ、ミステリーなんだけど、バリバリ業界で、ヤクザとか絡んできて、女性向の本ではないわな~。

    パチスロの業界用語の解説とか載ってるけど、さっぱり意味わからないし、ゲームの仕方とか書いてあってもちんぷんかんぷん。
    たぶん、パチスロ好きな人が読んだら面白いんだろ~なぁ。
    でも、そういう人って本読む暇あったらパチスロするか(笑)
    ま、後半は、パチスロ知らなくてもスイスイ読めたし、スピード感はあるストーリーになってたので退屈はしなかったわ。
    ただね、ちょっと文体が下品。。。
    やっぱりこういうこと知ってる人が書くとこういう文章になっちゃうのかな~?って思ったりした。。。
    これがこの人のデビュー作。
    他の作品もこんな感じなんだろうか???
    でも、この本、ストーリーとしては面白い題材で書かれてたと思うよ。

全42件中 1 - 10件を表示

ビッグボーナス (宝島社文庫)のその他の作品

ビッグボーナス 単行本 ビッグボーナス ハセベ・バクシンオー

ハセベ・バクシンオーの作品

ツイートする