「視聴率男」の発想術

著者 :
  • 宝島社
3.08
  • (1)
  • (2)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796647724

作品紹介・あらすじ

ヒット商品を生む「方程式」教えます。ヒットを飛ばし続ける伝説の男。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本よりも、後年書いた「ヒット率99%の超理論」の方がまとまっているし五味思考法の例題集もあるので、選択するならそちら。

    以下抜粋
    「面白い」よりも「わかってもらえる」ための工夫

    テレビの場合、視聴者には画面の前でモノを食べたり寝転がったり

    普通の人が求めている本質的なもの、本能的なもの、つまり普遍的に求められているものは何なのか(…)時代性、流行性によって普通の人が求めていることは何なのか

    ヒット商品=スタンダード的要素+ファッション的要素

    表コンセプトと裏コンセプト
    24時間テレビでダウンタウンを司会に起用
    表コンセプト→何か今までとは違うことが起こるのでは→新しい視聴者獲得
    裏コンセプト→ダウンタウンを番組最後で泣かせる

    「不満」以前の「プチ不満」「プチ不便」に「ありそうでないもの」のヒントが。

    実現可能性は無視して考える

  • ちょっと自慢話が鼻につくが参考になる本。読むのは後半だけでいいと思う。

  • 200809

  •  データ分析をしっかりしろ、普遍性をもてとある意味基本的なことを訴えかけています。基本だからこそ大事なんですよね。

  • 11月26日紹介図書

  • 企画などを立てる上で役に立つ1冊です。非常に面白い視点で書かれていますよ!

  • 100のレベルの自分と200のレベルの自分との対話。普遍的要素8割ファッション的要素2割が万人に受けるコツ。コンセプト(本質)があっていれば、いずれ当たりは見つかる。本質(100のレベルの自分)と方法論(200のレベルの自分)に分ける。本質を見つけ、ありそうでない部分を付け足す。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

日本テレビ放送網株式会社上席執行役員

「2014年 『賢い! 「現実逃避」術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五味一男の作品

ツイートする