アメリカに潰される!日本の食―自給率を上げるのはたやすい!

著者 :
  • 宝島社
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796649872

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かなり日本の農業に食料政策に疑問を持った。

    自給率40%穀物に至っては27%で世界173カ国中124番目で北朝鮮以下とは危機的だな。

    物質的に豊かになった日本ではお金があれば物も食べ物も手に入ると思われているのか。このような危機的リポートはあまり認識されていない。

    国策として農業支援に力をいれてほしい。
    国内の農家の保護を期待。保護より競争というのは市場主義に傾倒しすぎ。今こそ日本の軸をしっかりと。

  • 山田 正彦(民主党・衆議院議員・長崎県)

  • 分類=食生活・行政・外交。05年11月。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1942年、長崎県生まれ。弁護士。早稲田大学法学部卒。司法試験に合格後、故郷で牧場を開く。オイルショックにより牧場経営を終え、弁護士に専念。その後、衆議院議員に立候補し、4度目で当選。2010年6月、農林水産大臣に就任。2012年、民主党を離党し、反TPP・脱原発・消費増税凍結を公約に日本未来の党を結党。現在は、弁護士の業務に加え、TPPや種子法廃止の問題点を明らかにすべく現地調査を行い、また各地で講演を行っている。著書に『タネはどうなる』『アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!』など。

「2019年 『売り渡される食の安全』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田正彦の作品

アメリカに潰される!日本の食―自給率を上げるのはたやすい!を本棚に登録しているひと

ツイートする