チーム・バチスタの栄光

著者 :
  • 宝島社
3.81
  • (742)
  • (1132)
  • (1164)
  • (58)
  • (19)
本棚登録 : 5387
レビュー : 1060
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796650793

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は、海外からのゲリラ少年兵士が患者ということもあり、マスコミの注目を集めている。そこで内部調査の役目を押し付けられたのが、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口と、厚生労働省の変人役人・白鳥だった……。

    (バチスタ手術とは)
    バチスタ手術は、学術的な正式名称を「左心室縮小形成術」という。一般的には、正式名称より創始者R・バチスタ博士の名を冠した俗称の方が通りがよい。拡張型心筋症に対する手術術式である。肥大した心臓を切り取り小さく作り直すという、単純な発想による大胆な手術。(本書より)

  • 鳴海先生が美形で冷徹で、少しわくわくした。ああいう人と議論を戦わせるのは楽しそう。

    大友さんの無意識の狡さにハッとした。私にもあるかもしれない、慰めてもらうために人前で凹む部分。それも人間なんだろうけど。毒クラゲって言葉もささった。

    犯人に異論はないが、その人だけでは失敗の説明がつかない部分がある気がした。納得はするけどひっかかる。

  • 海藤尊週間により久しぶりの再読。
    これがデビュー作で、ここから桜宮サーガが始まった...と思うと感慨深い。
    田口先生、白鳥さん、高階病院長、藤原さん...
    どの人も初登場と思えないくらいキャラがしっかりしていて、ここできっちり書きこまれているからこその広がりかなとも思った。
    ミステリーとしても、フーダニットやハウダニットが楽しめる(?)作品だと思います。
    医者として勤務しながらのこの文才...
    天は二物を与えますね...

  • 難しい言葉がいっぱい出てくる。
    けど話自体はわかりやすい、
    かつ読みやすい。

    登場人物が個性的でおもしろい。

    最後の方は、ちょっとぞくっとした。
    ひと味違うミステリー。

  • ドラマや映画の端々がTVに映ってたら見てて、原作も「このミステリーがすごい!」の大賞作品で、気にはなってたので手に取った。


    私的映像補正がなかったら、ただ胸糞悪い話しで終わってたなぁ…


    続編?も読もうとかと思ったけどやめた!

  • 海堂さんの原点ともいえる作品、ようやく読むことできました。
    テレビで見ていて結末はわかっているはずなのに
    小気味いい展開に思わずひきつけられました。
    テンポの良いままラスト。気になるのは氷室さんの心の闇。謎だなあ。。。。

  • おもしろかった。
    特に後半から白鳥さんが出てきてから。
    シリーズを読みたくなった。

  • 231.2008.1.31

  • 映画を観た後でも楽しめた。が、やはり映画を観る前に読んで欲しい作品だ。やはりミステリーであるから、犯人は知らずに読んで欲しい。
    映画では田口は女性だったので、原作が男性であることに驚いたが、男性ゆえの白鳥とのやりとりは文章にしても痛快だった。ただ、実際いたら絶対に関わりたくなくなるだろうが。
    最後は白鳥が良い奴に見えてしまったから仕方ない。
    医療系ミステリーではあるが、内容は分かりやすく軽快だ。

全1060件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

海堂 尊(かいどう たける)
1961年、千葉県生まれの作家、医師。医師としての所属は、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所・放射線医学総合研究所病院勤務(2018年3月時)。
2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、作家デビュー。
同作はのちに『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。映画・テレビドラマ化もされた代表作となった。

チーム・バチスタの栄光のその他の作品

海堂尊の作品

ツイートする