武術への招待 (宝島社文庫 (492))

  • 宝島社
3.36
  • (2)
  • (1)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796650984

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 胤瞬の準備体操は…。

  • 「基本が正しいとは限らない、というか正しくない」
    「稽古の目的はしんどい事をすることではない」
    「人間の身体は現在の科学で分析できない」

    まぁ、こんな所。
    練習ってのはしんどい事をするもんだと思っているが、必ずしもそうではない。大事なのは考え続ける事。

    そう認識したら、日頃の稽古がとっても充実して感じるようになりました。

  • 武術って広い。深い。この本に載っている技をぜひとも習得したい。空手経験者として血が騒ぎます(笑)

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

武術研究者 1949年東京都出身。1978年松聲館道場を設立。日本古来の武術を伝書と実技の両方から研究し、その成果がスポーツ、楽器演奏、介護、工学等から注目を集め、日本各地のみならず海外からも指導を依頼されている。2007年から3年間、神戸女学院大学で客員教授も務める。著書に『表の体育 裏の体育』(PHP文庫)、『剣の精神誌』(ちくま学芸文庫)、『神技の系譜』(日貿出版社)、『できない理由は、その頑張りと努力にあった』(聞き手・平尾 文 PHP研究所)など多数。

甲野善紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする