カフーを待ちわびて

著者 :
  • 宝島社
3.71
  • (118)
  • (216)
  • (222)
  • (24)
  • (7)
本棚登録 : 1056
レビュー : 260
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796652124

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  いやー、傑作だった。
     「嫁にこないか、幸せにします」とか書かれた絵馬を頼りにやってくる女と、その女を疑いながらも惰性的に受け入れる男。そんな2人の奇妙な生活に、南国のゆったりとした時間の流れと裏のおばあが、いい感じに混ざり合う。
     
     明青が、幸からもらった最初の手紙を読んで、いたずらだと思いながらもいつ来るか、いつ来るかとそわそわして待っているところや、幸を迎え入れたものの、幸の素性をまったく知らないため、いつふっといなくなるかと、明青が気をもむところ、とっても共感できた。
     ずっと一人で生きてきた明青が、幸との生活に馴染んで、「また一人になったらどうしよう。でもそうなったときに傷つかずにいるために、過度の期待はせずにいよう」と必死に自分をごまかす。けれど、幸への思いは、コップが水でいっぱいになるかのごとく、あふれてこぼれる。
     その思いを伝えられない明青のもどかしさといったら・・・!! 

     個人的には、この作品の終わり方も好き。男女がくっついてめでたしめでたしー、ではない終わり方。物語の続きを、読者それぞれが作っていけるこの終わり方が、とっても好き。

  • あまり期待してなかったんやけど、キュンときた。

    キュンだぜ、キュン。

    島でスローライフとか、あんまり興味ない方やけど、このお話にはこのロケーションも大事。


    マハさんて原田宗典さんの実妹なんだね。びっくり。

  • 沖縄の離島に流れる穏やかな空気や主人公の不器用な純愛ぶりが、どこか浮世離れしていてとても綺麗で、胸いっぱいに深呼吸をしたくなる。
    ただ、あまりに綺麗なので、幸せは自ら掴みとるんだというメッセージもさらさらと流れてしまいそうになる。

  • 原田マハさんらしく、最後の最後まで読み入りました。

  • 又してもやられました原田マハの世界に。キュレーターだったから美術の話は皆ワクワクさせられるけど、美術を離れた小説も巧みに操る作家さんですねぇ。タイトルから かのゴドーを待ちながら を連想したけど全然違う話でした(^^; 遥か昔の甘酸っぱい気持ちを懐かしく噛み締めながら読了しました。

  • 庄司さんが移転に反対してるのが原因で息子がいじめに遭ってるのツラい。東京戻る?って聞いても僕、この島が好きだよ。って…泣いちゃう
    俊一さん悪い人じゃなかったんだね。渡と明青の3人いいトリオだ。明青と幸はきっと幸せになるんだろうな。幸のこと見つけ出して、カフーと幸せになるんだろうな。リゾート地計画もうまくいきますように。明青が(幸、君のことを)「愛してる」って言うの泣けるね。ホントは幸のこと好きなのに成子が好きって言っちゃって。渡にさっちゃんは俊一の女だって言われたせいなんだけど。それも実は勘違いだったんだけど。幸、めっちゃ傷ついたよね…。入水しかける幸を止める明青の描写が切ない。成子と親しげに話してるとこ見ちゃったら、ねぇ?明青のお母さんが幸の育ての母だったと。異父兄妹とかじゃなくてよかった。

  • 2017.7.28
    今さらながら読んだデビュー作。沖縄のあったかい感じが流れててよかったな。

  • 原田マハさんの作品という事で勝手に「カフーという芸術家の話し?」と勘違いしてしまってました。
    沖縄の離島を舞台に、島で雑貨店を営む男性と本土から来た女性のラブストーリー。
    とチープな表現しか出来ないのがもどかしいですが、たくさんの愛と友情が散りばめられ、そしてそれを島独特の時間と空気が包み込んでいる素敵な作品でした。
    ただ単に男女の愛が育まれる過程を描いただけでなく、それぞれの背景にある人生が絡み合い、先が気になりどんどん読み進められました。
    素敵な作品に出会えて良かった。

  • 「旅屋おかえり」でちょっとガッカリしていたのであんまり期待していませんでしたが、これはよかったです。

    登場人物が、背筋がゾッとするくらいくさいセリフを吐くような恋愛小説は大嫌いですが、これはそういうのもないし。
    なんとなくこうじゃないかな、という人物相関図が見えてしまうっていうのはあるけど。

    俊一のリゾートホテル計画に賛同してしまうのには驚きました。
    こういうのって大抵は開発側が悪く書かれて結局計画はなしになる、っていうのがお決まりのパターンだと思ってたから。

    きっと旅屋よりあとに書かれ作品だ、と思ってたらこれがデビュー作!?

  • 沖縄にいながら読んでいるような気分になります。
    沖縄らしくのんびりとしたテンポでありつつ、ときおりぎゅっとストーリー展開があって飽きさせません。

    生活にのんびりのリズムも大切に、というメッセージもあるのかな。

全260件中 1 - 10件を表示

カフーを待ちわびてのその他の作品

原田マハの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

カフーを待ちわびてを本棚に登録しているひと

ツイートする