音楽誌が書かないJポップ批評 (45) (別冊宝島 (1362))

  • 宝島社
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796655071

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2010年4月18日読了。おなじみのJポップ批評のシリーズだが、清志郎の作詞・作曲のセンス、「日本語がはっきりと聴こえるのにグルーヴ感がある」天性の歌唱力についても多くのライターが寄稿している。音楽性もファッションもスタイルも、清志郎が多くの後進の日本のロック歌手・バンドに道を開いたのだなあ・・・ということを感じる。ド派手な化粧をしているのに音楽はソウルフル、純情なのに「ヤリたいぜ」とくる、人見知りなのに人騒がせ・・・。役者としても多くのクリエイターが魅力を感じていたようだ。知れば知るほど、惜しい人をなくしたと思わされる・・・。

  • 一番最後にあるアルバムレビューがなかなか便利。
    そういや、あの曲はどこに入っていたかな、
    なんてことにバッチリ対応しています。
    ただし、DVDやビデオは含まれていません。

  • いつか宝島には、総力を結集してのRCサクセション本を作ってもらいたい。「愛しあってるかい」のPART2でも構わない。

全3件中 1 - 3件を表示

音楽誌が書かないJポップ批評 (45) (別冊宝島 (1362))を本棚に登録しているひと

ツイートする