ドライブ

著者 :
  • 宝島社
3.20
  • (0)
  • (4)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796660150

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 高級なスポーツカー、不倫、目の前で展開される女性のオナニー、ドライブ中のフェラ。どれも経験ないぞ。僕はこんなノーマルでいいんでしょうかね?

  • 写真家 藤代冥砂さんの短編小説集。
    説明に「官能小説」って書いてあったから、どんなんかなーと思ったけど、とても読みやすく好ましかった。
    男の人が書くこういうおはなしって、生々しかったり下品になってしまいそうなのに、なんだかとっても自然だった。女のひとの気持ちわかりすぎ!このひととんでもなくモテるんだろうな・・・

    最後の「赤坂通り」で泣いてしまった。今の私には必要な本でした。

  • 写真家・藤代冥砂によるお洒落な官能小説。どの話もなんだかリアルでありそうな都会の物語。こんな小説書いてみたいもんです。

  • 文章力のある人は尊敬に値する。女性誌【InRed】で大体は読んでいたが、これは1冊で手に入れたいと思い。写真家なのは知っていたが女優やグラビアアイドルなんかも撮ってるという事にびっくり。あーぁ、どっか行きたい。

  • 写真家藤代冥砂による小説。女性の恋が主だが、回ごとに違った車が登場する。帯に「おしゃれ官能小説」とあるように、なかなか際どい表現もあるが、淡々と綴られていて、不思議と嫌らしさは感じない。

    この小説が連載されていた雑誌「InRed」で藤代冥砂のことを知った。彼の撮る写真を見たことがほとんどなかった私は、彼を女性だと勝手に思い込んでいた。それほどまでに、この小説に出てくる主人公達は「女」だ。計算高く、したたかで、快楽を求め続ける。

    面倒臭いことを全部忘れて、車に乗って遠くへ行きたくなった。

  • いやはや、官能小説55編一気読みしてしもうた。 パラパラーとなにかしながら読むのがよいかと。藤代冥砂はたくさんの恋愛をしてきたんだろな。女の子の気持ちがここまでわかっちゃうなんて、たくさんの人と対話(会話)してなくちゃ、こんなの書けないよ。ページ数にして多分、1編4ページだったかしら?それだけの中に気持ちを動かすような情景が浮かぶようにさせるのはすごいあっさりしてるのに時々印象的でそれこそ写真のようで。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1967年千葉県生まれ。明治大学商学部卒。90年代にデビューして以来、女性のポートレイトやヌードを中心に、旅、風景、ミュージシャン、ファッション、広告などの分野を縦横無尽に横断し、日本の写真界に独自の地位を築き、多くの影響力を与えた。写真集は80冊ほど。「週刊朝日」の表紙連載、女優の写真集シリーズ「月刊アクトレス」などで大衆にも知られる存在となり、写真集を出すたびにスタイルを変えている稀有なアーティストでもある。小説家としても活躍中。

「2017年 『藤代冥砂写真集 山と肌』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤代冥砂の作品

ツイートする
×