XXゼロ 呪催眠カーズ (宝島社文庫)

著者 :
  • 宝島社
3.41
  • (12)
  • (16)
  • (31)
  • (8)
  • (2)
  • 本棚登録 :186
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (437ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796660679

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アクションがすごい。
    どうなっちゃうんだろうって、ドキドキしながら読んだ。
    今回は、ホラーはあまりなかった。

  • 続編、と言うか、外伝的な。

    この人の作品はパワーがある、と言うか、一気に読ませる。
    でも、めちゃくちゃだったりw

    前の作品もそうだけど、アクションシーンはかなりむちゃさせてる。冷静に考えたら無理やろ~!みたいな。

    今回の作品は、他にもむちゃが多くてツッコミどころ多すぎw。
    ただ、細かいとこ考える作品でもないので、そう言うのは無粋かなw。

  • ・・・・。なにこれ、ギャグ?めちゃくちゃ過ぎない?
    よく本になったな・・・。びっくりする・・。選んだ自分にワンパンチ。

  • 前のは面白かった記憶がありましたが、細部まで覚えてないので、つながりません。

  • 友達から借りて読了。

  • また前作が読みたくなった。

  • 「そのケータイはXXで」「地獄のババ抜き」の番外編。時間軸は「そのケータイ・・・」の半年前のお話。

    主人公はレイカとその助手くらら。
    あることの逆恨みから謎の呪術カーズにより密閉空間でしか呼吸が出来なくなってしまう。
    暴走する自動車内で迫る命のタイムリミット。


    とにかくレイカがかっこよすぎます。1作目の彼女はただのハサミ女でしたがこれを読んでイメージが変わりましたw

  • 内容がはちゃめちゃ。
    上甲さんのはちゃめちゃは、個人的には好きなので、星4だが、万人にオススメできるわけでは決してない。

  •  別れ屋として依頼人(実は自分の恋人)の彼女に接触した西園寺レイカであったが、逆恨みされて呪いをかけられてしまう。恋人の勝哉、そして助手のくららと共になんとか呪いを解こうとするが・・・

     「そのケータイはXXで」や「地獄のババぬき」で登場した西園寺レイカが主役の外伝。その時点で避ければよかったのに、105円だったのでつい買ってしまったが・・・・・・やっぱり全てが無茶苦茶すぎてついていけず。アクションや行動は人間や現実世界の域を明らかに超えているにも関わらず、仕事は事務所に所属していたり頼りない彼氏がいたりDVに耐えていたり・・・キャラに一貫性が無い。殺人鬼誕生の秘密もほとんど意味がわからず。あと、火請愛子がレイカと同じ事務所に入ってきたとかいう設定は一体どういうこと???

  • 07/11/23購入。こちらも『そのケータイはXXで』と同時購入。完結編だから終り方が気になり、『地獄のババぬき』が早く読み終わったので続いて一気に読む。こちらは3冊の中で一番すっきりした感じだった気がする。終り方がいいのが一番いい。

全20件中 1 - 10件を表示

上甲宣之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

XXゼロ 呪催眠カーズ (宝島社文庫)はこんな本です

ツイートする