のはなし

著者 :
  • 宝島社
3.80
  • (144)
  • (182)
  • (210)
  • (15)
  • (5)
本棚登録 : 1294
感想 : 165
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796660945

作品紹介・あらすじ

爆笑!感動!鳥肌!のメルマガ・エッセイ。「あそこが痒い」の話から「ん?」の話まで全82話。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「あ」から「ん」まで、それぞれの文字から始まるタイトルでショートエッセイが展開される。文字によっては複数のエッセイが用意されており、全部で80程度のエッセイ。元はメールマガジンのコラム。

    氏のラジオリスナーであり、各種雑誌のコラムを読んでいた自分としては満足度が高い。

  • (図書館)ラジオは聞いたことないし特別ファンじゃないけど、彼の柔軟な思考の所以がわかった気がした。一話一話が短く読みやすいので、小豆を煮ながらアクをすくうのに丁度良いタイミングだった。2、3も何かしながら読みたい。

  • 読み終わった
    伊集院光がラジオで宣伝していたので。
    おなじみ独特の切り口からユーモアをたっぷり交えたエッセイ集。でも活字にしちゃうとトーク程の面白さは感じられなかったな。

  • 話の守備範囲(笑える、泣ける、考えさせられる….)広い!

  • 日常におもしろを探してみようと思ってしまう。人生を楽しもうと思う本。

  • 伊集院さんはやっぱりテレビよりもラジオやエッセイだね。

  • 過去にメールマガジンで配信されたコラム。テーマを読者から募集して書いたもので、その中から80編ほどを抜粋して、タイトルあいうえお順で掲載してあります。ちゃんと「ん」で始まる話もあるところがすごい。伊集院さんの朝のラジオを聞いている人は多いと思いますが、そんな感じのノリで、短いのもあいまってすぐに読めました。しかしタイトル指定で話絞り出せるのスゴイなあ…。

  • ショートエッセイ集。通勤でちょこちょこ読むのにちょうどよい。ラジオの感じがでていた。

  • くすっと笑える短編集。

  • 何も考えずぼーっと読める

全165件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1967年生まれ。84年に三遊亭楽太郎(現・六代目三遊亭円楽)に弟子入りし、落語家・三遊亭楽大として活動。87年ごろから伊集院光としてタレント活動をはじめ、「伊集院光のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)、「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ)といったラジオ番組のパーソナリティをつとめる。2012年よりNHK Eテレ「100分de名著」に出演。『世間とズレちゃうのはしょうがない』(養老孟司との共著、PHP研究所)、『名著の話 僕とカフカのひきこもり』(KADOKAWA)などの著作がある。

「2023年 『名著の話 芭蕉も僕も盛っている』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊集院光の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×