チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)

著者 :
  • 宝島社
3.73
  • (986)
  • (1723)
  • (1931)
  • (149)
  • (23)
本棚登録 : 10852
レビュー : 1093
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796661614

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 映像化は全く見ていないので 予備知識なしで読みました。
    面白いしテンポよく読めます。
    読んでいてストレスを感じない。
    続きは下巻で。

  • 映像化もされて人気になっているのに、今まで未読だったので手を出してみました。いや、これは確かに読んでいて面白い。チーム・バチスタと呼ばれる心臓手術のスペシャルチームで突如術死が相次ぐ謎に、不安定愁訴外来の精神科医が得意のヒアリングで臨みます。

  • 読む本がなくなったので再読してみた。
    やはり面白いと思う。

  • 東城大学医学部付属病院の“チーム・バチスタ”は心臓移植の代替手術であるバチスタ手術専門の天才外科チーム。ところが原因不明の連続術中死が発生。高階病院長は万年講師で不定愁訴外来の田口医師に内部調査を依頼する。医療過誤死か殺人か。田口の聞き取り調査が始まった。

  • 医療ミスか殺人かはたまた単なる偶然か。
    ここから大いなる心理戦がスタートする。ワクワク。
    だからミステリーはやめられない。

  • 『ブラックペアン1988』から『スリジエセンター1991』の3冊に登場していた黒崎先生、垣谷先生のその後が気になったので再読。

  • ドラマ化されたり話題になっていたりしたので
    タイトルは知っていたのですが今更ながら手に取って見ました。
    普通に面白くて一気に読んでしまいました。
    上巻はさぁここからというところで終わってしまいますが
    主人公の田口のキャラもいい加減そうでいて非常に真面目で好感が持てますし
    読者も主人公と一緒に調査を進めていく楽しさがあります。
    手術の場面も本職の医師の方の著作ということもあってリアリティがあり
    緊迫感まで伝わってきます。

    また、物語は本筋と補足の背景等を行ったり来たりしますが非常に
    整理されているので混乱を招くこともありませんでした。

    上巻でも十分楽しめましたがまさか下巻であれほど物語が急展開し
    解決に向かうとは思ってもみませんでした。

  • 医療ミステリの大ベストセラー。遅ればせながら読んでみたが、思っていた以上に面白い。
    ドラマ(といっても内容はよく知らない)の伊藤淳史さんの感じからすると、主人公の田口はもっと穏やかなタイプなのかと思っていたが、内心はかなりクールで分析的なのに、人がよくて権力に興味なし、の好感の持てる医師。ちょっと格好がよすぎるが。医療ミステリの主人公は権力に興味がないタイプが多いし、警察小説でもそうだから、やっぱり皆そういう人に好感を持つし、頑張ってほしいと思うんだよな、と。
    ドラマには田口医師の相棒として官僚?かなにかが出てきていたようだが、下巻で出てくるのか?それともあれはオリジナルだったのか?楽しみです。

  • どいつもこいつもキャラ濃すぎ!!→ 火 喰 い 鳥

  • テレビドラマは観ていましたが、原作は初めてです。ドラマのおっちょこちょいな田口先生と白鳥さんのコンビも配役の妙もあって、とても面白かったですが、原作のほうの大胆不敵で計算高い田口先生もまた、これはこれで非常に魅力的なキャラクターです。話は高度な医療技術と用語を駆使しながらスリリングに展開し、目が離せない。それにしても、「バチスタ」手術という、いかにもよくわからないけど何だか格好良さげだぞ、というネーミングにもこの成功の要因の一旦があったに違いない。

全1093件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

海堂 尊(かいどう たける)
1961年、千葉県生まれの作家、医師。医師としての所属は、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所・放射線医学総合研究所病院勤務(2018年3月時)。
2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、作家デビュー。
同作はのちに『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。映画・テレビドラマ化もされた代表作となった。

海堂尊の作品

ツイートする