チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)

著者 :
  • 宝島社
3.73
  • (986)
  • (1723)
  • (1931)
  • (149)
  • (23)
本棚登録 : 10850
レビュー : 1093
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796661614

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今更ながら、チームバチスタを。
    医療系とも知らなかったけど、医療系ってあんまりハズレなしな気がする。
    でもこの物語が他の医療系とちがう点は厚生省から派遣された役人らしからぬ役人、白鳥のせいだろう。
    話の中でも白鳥登場前と後でガラッと印象が違う。
    白鳥は奥田英朗の描く精神科医を彷彿とさせる。
    最後にはごく常識人で切れ者という風に落ちたけど。

    手術中の連続死は偶然か医療事故かはたまた殺人か。

  • 好きです。

  • 2007年出版当初、一度読んだので再読になるのですが、その後、続編を読んでいなかったので、スタートから読みました。

    うんうん、意外と内容を覚えていましたよ。
    でも白鳥さんが出てくるの、もう少し早いと思っていた。
    下巻へつづく

  • <u><b>サクサクミステリー</b></u>

    <span style="color:#cc9966;">東城大学医学部付属病院の“チーム・バチスタ”は心臓移植の代替手術であるバチスタ手術専門の天才外科チーム。ところが原因不明の連続術中死が発生。高階病院長は万年講師で不定愁訴外来の田口医師に内部調査を依頼する。医療過誤死か殺人か。田口の聞き取り調査が始まった。</span>

    仕事場でお借りして読んだ。
    最近、小説読んでなかったから久しぶりに本を読むおもしろさを思い出させてくれた。もっと本読もう。
    良くも悪くもサクサク読めるミステリー。

  • 面白い。コミックスのような読みやすくて一瞬で終わってしまうような、そんな本である。1冊読めばもういいかなという印象。

  • とりあえず上巻読みました。医療的なことは全くわからずちんぷんかんぷんですが、この勢いで下巻も読んでいきます。

  • 上巻は手術を行ったチームの事情聴取が主な内容となっている。医学用語も出てきているが分かり易い。しかし、文章と展開がやや平坦。下巻に期待しよう。

  • 医療の現場での人間関係が分かった。手術場面では医療用語が飛び交っており、分からない言葉も多かったが、リアルな切迫感が伝わってきた。
    バチスタ手術の連続死が誰かに故意に行われたものでないことを願いつつ下巻を読みたいと思う。

  • 映画化でさらに売れているらしいこの作品。
    今の仕事と絡むこともあって、売れ筋だけど反応してしまった。
    グチ外来の患者さん、留蔵さんのエピソードなんて、ほんと今のわたしの仕事にぴったりのお話。
    しかし、田口は映画でもぜひ男にして欲しかったなぁ。
    それだと画にならないから仕方ないけど。
    最初のうち、手術の失敗の話がなんで「このミス」???って思ったけど、鳴海の一言で一気にミステリィ色が強くなって、納得。
    面白くなるかも。

  • 医療に関する小説
    選ばれたチームが手術を行っている時、術死が発生。
    問題点の洗いに主人公が選ばれた。
    違和感があるとのことだが、はたしてこの中に犯人は居るのであろうか。それとも本当に偶然なのか。
    下巻が待ち遠しい。

著者プロフィール

海堂 尊(かいどう たける)
1961年、千葉県生まれの作家、医師。医師としての所属は、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所・放射線医学総合研究所病院勤務(2018年3月時)。
2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、作家デビュー。
同作はのちに『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。映画・テレビドラマ化もされた代表作となった。

海堂尊の作品

ツイートする