幸せに愛される法則―女性のための脳レッスン

著者 :
  • 宝島社
3.67
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796662758

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ★やりたい事がハッキリしていると、勝ち組遺伝子と自律神経系の働きによって自然とその方向にアンテナが向き、目標達成の手立てを掴み、実現していく。実現の為には先ず、自分の中にある欲望を強く肯定する必要がある。強く望む、実際になった風に過ごす。
    ★恋愛もの、熱中と感動を能動的に生み出す最大の方法です。限りなく人を愛し、人からも愛されるという事は、最高の自分を実現していく事。
    より豊かに幸せに生きる、生き残る遺伝子が人間全てにあるが、脳下垂体の働きで知らず識らずの内にマイナス思考になってしまう。
    ★自分の脳に「意識的に」働きかけて笑顔をつくる、楽しげに振る舞う、楽しい気分を生み出す言葉を使う事が大事。それが豊かさと幸せを叶える為の絶対条件。
    元気で明るい気分になれるいい話題を選ぶ事が自分にメリット。快楽系ホルモンが分泌される。仕事中も、こんな風にしたら面白いかもと、自分の中の子供心を喜ばせようとするのがコツ。
    ★「フリをする」「なりきる」効果は絶大。気分作り、イメージ作りは重要。古い脳である自律神経系は現実と想像の区別がつかないので、気分やイメージに騙されやすく、暗示にかかりやすい。そして定着する。快楽系ホルモンが分泌される。
    ★ありがとう、嬉しい、楽しい、幸せだを連発する
    ★一番いいものを選ぶ。この何倍もお金が入ってくるから何も心配ない。良い買い物で快の経験を積む。
    ★夜寝る前のひと時を「豊かになっていく想像の習慣」の時間にする。実際に見て触れることも大事。脳に深く刻み込んでいく。
    ★「私はお尻が上がった最高にいい女、あげまんあげまん」と言い聞かせる

  • 医学博士である佐藤富雄氏の著作は何冊目だろうか。口にすることを良いことばかり口にするとそうなると、口ぐせの魔法は衝撃的だった。この本は、太古の遺伝子から、人間は豊かになるためにできているということを医学的に説明してくれている。大きな目標を持っていいんだ。高い理想や大きな欲望が人間を豊かにしてきたという話。
    モノがあふれかえっている部屋に住んでいる自分。
    清貧でありたいと思ってしまう自分がいる。
    もっともっと大きなことを想像して、大きな夢を持って、特大の欲望を持って頑張っていいんだ。
    貪欲に生きる力を与えてもらった。

  • 私の初の佐藤富雄本です。仕事に対する考えや手法に迷いが出た時この本に巡り会いました。そして、この本がきっかけで佐藤先生とお目にかかることができ、お仕事を手伝うようになりました。この間、一年もかかっていません。セラピーに豊かさを取り入れたい私には大きな一冊となりました。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1932年、北海道北見市生まれ。東京農業大学、早稲田大学卒業。東京農業大学大学院博士後期課程終了。医学博士、農学博士。外資系企業の医療機器メーカー役員を経て、作家、栄養生化学者、健康科学者として活躍。長年にわたって抗老化(アンチエイジング)、心と体の制御関係について研究をすすめ、科学から捉えた人生100年時代の生き方論を提唱した。特に、大脳・自律神経系と人間の行動・言葉の関連性から導き出して提唱していた「口ぐせ理論」が話題を呼ぶ。全国各地で講演した「口ぐせ理論実践塾」セミナーは絶大な人気を誇り、全国で多数のファンを動員した。2012年没。

佐藤富雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

幸せに愛される法則―女性のための脳レッスンを本棚に登録しているひと

ツイートする