ナイチンゲールの沈黙(上) (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)

著者 :
  • 宝島社
3.34
  • (268)
  • (703)
  • (1309)
  • (259)
  • (48)
本棚登録 : 6588
レビュー : 505
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796663588

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 好きです。

  • 世の中を震撼させた「バチスタ・スキャンダル」から9か月後。医者や看護師達が浮かれていた東城大学医学部付属病院の忘年会後、小児科看護師の浜田小夜と如月翔子は、城崎と名乗る男に「迦陵頻伽」と呼ばれる有名な歌手・水落冴子のライブに誘われる。だがライブ中に冴子が大量吐血する事態が起き、冴子は翔子らの判断で田口公平が当直を務める神経内科病棟のVIP病室・通称「ドァ・トゥ・ヘブン」に入院することに。
    一方、小児科には牧村瑞人と佐々木アツシが網膜芽細胞腫を患い入院していた。その二人のメンタル面を危惧した看護師長の猫田は、田口にメンタルケアを依頼。かくして猫田と藤原の差配によって小児科患者限定の不定愁訴外来が開設された。だが同じ頃、瑞人の父親が無残な形で惨殺される事件が発生する。

  • 終始予想がつく最後だった。しかし、田口医師の医師でありながら、そのモラルに反して患者をケアするという精神に度肝を抜かれた。

  • 文庫シリーズ第2弾から上下巻のカバーイラストを平積みで並べて一つの絵となる意匠となった(そのために上下巻か?)バチスタでの期待感から二分冊になっても購入動機は揺るがない。この時代の、美声を失った水落冴子が登場。ナイチンゲールの和名・小夜啼鳥の名前をもらった今回の主人公・小夜。小児科病棟の看護師長・猫田、玉村警部補、加納警視正という今後の桜宮サーガを彩る人物が登場する記念すべき続編だ。

  • 田口&白鳥シリーズ第2弾

  • 再読
    猫田師長と藤原さんの活躍を思い返すために再読してみた。前日譚を読んだ後だと、何気ない会話の一コマも別の意味にとらえられる。最初からこんな風に想定していたのかなと思わせるほど上手いってことか。
    今作のヒロインのその後も、描いてほしいもんだ。

  • 下巻に感想

  • サクサクとよめたが、面白いということは今のところない。

  • シリーズ第2弾の上巻。一回読んでいるはずだけど詳しい内容は忘れている。劇中に出てくる浜田小夜の役回りがいまいちよくわからず、歌の上手い子供たちに振り回される看護師という認識でしかない。その辺が今のところは物語を読んでいても退屈な印象を抱く。目の摘出手術を受けさせようとする中学生の父親が無残な殺され方をしてからどのように話が盛り上がるのか、白鳥はどんな形で登場するのか?。下巻に期待したいと思う。

  • バチスタの次の作品。
    この人の文章は読みやすくて、すらすら読める。
    今回は看護師さんが主人公で、入院患者の親が殺されて……ってところで下巻に続く

全505件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

海堂 尊(かいどう たける)
1961年、千葉県生まれの作家、医師。医師としての所属は、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所・放射線医学総合研究所病院勤務(2018年3月時)。
2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、作家デビュー。
同作はのちに『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。映画・テレビドラマ化もされた代表作となった。

海堂尊の作品

ツイートする