ナイチンゲールの沈黙(下) (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ)

著者 :
  • 宝島社
3.34
  • (261)
  • (623)
  • (1189)
  • (270)
  • (37)
本棚登録 : 6108
レビュー : 463
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796663601

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後は普通だったなぁ。

  • ミステリではなく
    田口と愚痴外来の活躍もそれほどでもなく。
    白鳥なんぞほぼ印象なし。

    でもバチスタとくらべなければ楽しめたかな。

  • 田口、白鳥コンビの病院ミステリ。
    バチスタはかなり前に読んでいた。

    登場人物はシリーズものなので、同じ人が多く、こんな感じだったなーと思い出す。

    話は小児科での話。面白くて、ほぼ一気に読む。

  • 今回はあんまり医療と深く関連してないので、一般的なミステリーといった感じである。でも舞台は病院なので医療関連の話題は多々あるが。   
    最終的に、落ち着くところに落ち着いたという感じかな。最終的に自白だから、あまり捜査する側が活躍出来ないで四苦八苦してるのも少し面白い。 まぁ最終的に白鳥が終わらせるんだけど。    
    今回は前回みたいにキチってる犯人ではないので、人間ドラマとしても楽しめることができました。

  • ジェネラルルージュの凱旋と同時進行させる、にくいテクニック。
    ミステリーというよりは、医療エンタメ小説。ガンガントンネル魔人という設定も面白い。MRIってこんな感じなのか・・。
    かる~く読める小説。

  • 面白かったけど、バチスタ程じゃなかった。

    おそらく始めにナイチンゲールというタイトルを思いついて、そこから一気に膨らましたであろう事がわかるので、結構単純。

    病院が舞台→看護士→ナイチンゲール(歴史的看護士)→ナイチンゲール(鳴き声の美しい鳥、和名:小夜啼鳥:サヨナキドリ)→歌う看護士:小夜→歌に力を持たせたい→共感覚を引き起こすのはどうか?→映像が見えるのがいい→目が見えない患者を出そう→ミステリだしどっかで殺人事件おこさなきゃ→そこに白鳥からめて、、

    みたいな流れで全体が構築されていった印象。

    結果まとまっていたので面白かったです。

  • 一作目のおもしろさから比べてしまうと劣ってしまうなー、でも三作目
    読みます、期待。

  • 下巻からは白鳥さんも活躍して、田口・白鳥シリーズって感じになりました。
    ドラマ版とは本当に全然違う話なんですね。
    もう1回ドラマ版の方を見たくなりました。

    結末はなんかとても切なかったです。
    予想通りだったし、これ以外の結末はないだろうって思ってたけど、それでもなんか悲しいですね。
    このナイチンゲールの沈黙は前作のチームバチスタの栄光とか次作のジェネラルルージュの凱旋と比べて盛り上がりが少なかったように思います。
    小夜の共感覚的な能力はちょっと無理があるんじゃないかなと思いました。
    冴子の方はまだ無くはないかなって思うんですけど。

    あと瑞人がイケメンでした(笑)
    アツシはすごいかわいかったです。

  • 若干海堂ワールドに飽きがきたか・・・?

    でも、面白いので、
    ジェネラル・ルージュも続けてよみましょう。

  •  なるほどなぁ……。
     若干動機が理解できないんだけども、ヒロインフィルターを通すと、そういう気がする。というか白鳥さんが出てきた時点での勢いはすごいよね。

全463件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

海堂 尊(かいどう たける)
1961年、千葉県生まれの作家、医師。医師としての所属は、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所・放射線医学総合研究所病院勤務(2018年3月時)。
2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、作家デビュー。
同作はのちに『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。映画・テレビドラマ化もされた代表作となった。

海堂尊の作品

ツイートする