ナイチンゲールの沈黙(下) (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ)

著者 :
  • 宝島社
3.34
  • (261)
  • (623)
  • (1188)
  • (270)
  • (37)
本棚登録 : 6110
レビュー : 463
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796663601

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • バチスタと同様、下巻よりも上巻が面白い。

  • 医療ミステリーのシリーズだと勝手に思っていたので、超能力じみた才能の存在に戸惑った。殺人事件については、読者からすると見たまま。
    今回、解決が持ち越された問題は今後描かれることになるのか。
    ハイパーマン・バッカスは観てみた……くもないな。

  • 本当にこの裏側で田口先生がジェネラル速水先生をめぐって、かの沼田教授率いるエシックスとの争いを繰り広げていたなんて、あまりの超人ぶりに信じ難い思いです。しかしながら、DMAや歌による共感覚などが、ちょっと突飛過ぎた感じです。それにしても、透き通るほど真っ直ぐで一途に思いを貫こうとする由紀と瑞人の二人に心を打たれます。そして、勇気を持って手術を受けたアツシ隊員に、敬礼!なのであります。

  • ”バチスタ”と”ジェネラル・ルージュ”と比較してしまうと、ワンランク下という印象が残ってしまうが、バチスタシリーズのイメージを無くして、独立した作品として改めて読んで面白さに気づいた。
    推理小説というよりSFか?

  • 悲しいような安心したような何とも言えない読後感。法や規則を破ることについて考えさせられる。白鳥の影が薄くなっていたのが少し残念。

  • 歌声で他人に刺激を与える能力を持つ浜田小夜.愚痴外来を続ける田口.またまた出てくる白鳥.それに眼に致命的な疾患を持つ中3の牧村瑞人と生5の佐々木アツシ.牧村は父親を酷く嫌っているが、ある日父親が殺されしかも解剖され器官がばらばらに放置されていた.白鳥の推理が冴え渡るが、とにかく面白い!

  • 医療ミステリと思って読んでいたらファンタジー寄りになったのが予想外でした。

  • 疑惑が深まったものの、途中で犯人が推測できたのだが、どんでん返しもなく、そのまま思った通りの犯人だったことに残念...

  • 「チーム・バチスタの栄光」の世界が広がったが、下巻はちょっとリアリティに欠ける内容になった。上巻の感想で、あってほしくないと書いたが・・・。
    シリーズの続きも読んでみようっと!

  • 登場人物の書き分けがうまい。

全463件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

海堂 尊(かいどう たける)
1961年、千葉県生まれの作家、医師。医師としての所属は、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所・放射線医学総合研究所病院勤務(2018年3月時)。
2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、作家デビュー。
同作はのちに『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。映画・テレビドラマ化もされた代表作となった。

海堂尊の作品

ツイートする