音楽誌が書かないJポップ批評 Mr.Children (宝島SUGOI文庫)

制作 : 別冊宝島編集部 
  • 宝島社
3.60
  • (4)
  • (4)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796663823

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2019年9月25日読了。2005年、アルバム「Home」発表時のミスチルの(というか桜井の、あとちょっと小林武史の)売れる訳・作品解説などを様々な音楽ライターがよってたかって書きまくったムックの文庫化。今ではミスチル相手に文句を言ってもしょうがない・だって実力があるんだから、という感じだが、軟弱なイメージがあるのか・単に売れているからか、当時は批評家からは評判が悪かったことを前提に「そんなことないよ!ここがすごいんだよ!」とライターたちが持ち上げるようなトーンを感じる。さっぱりしたいい男だが中身は下ネタ好きなオッサン、豪邸に住み不倫をし大病を患い、少年のような恋愛観を持ちながら社会に対し説教をする。桜井和寿という人間には、誰もが一言いいたくなってしまうようで、それは彼の人を惹きつける魅力、ということなのかな…?桜井氏がいずれ小林武史プロデュースを離れることは、この当時から既定路線ととられていたようだ。

  • コード進行で決めた曲があったとか、
    ミスチルにまつわる裏話が沢山載っていて面白い。
    バンドの歴史、歌詞の意味などもよく研究されている。

    ファン必見。

  • つっこみが浅い

  • DOME TOURに行ったら本屋に山積みになってた。写真が無くて全部イラストだけど、本人談より批評・コメントばかりだけど、そういう本を読んだこと無かったから、ちょっと勉強しようと思います。

  • 生協で平積みされてて、のこり1冊だったためなんとなく買ってしまった本。


    桜井さんと小泉さんの類似性を指摘している記事が興味深かった。あとは一曲一曲のレビューがされてて、自分なりの解釈と異なっている部分も多々あって興味深かった。

    ただ、この手の本にありがちで、途中で飽きてしまい、最後まで読み切ることはできませんでした。

  • ミスチルファンにはミスチルだらけでワクワクの1冊、
    でもそうでない人にとっては。。
    って感じの本かな。
    ファン以外にはつまらないでしょう(笑)

    まあファンでも色々と意見はあるかな。。

    個人的にはアルバム「HOME」に対する論評に疑問を感じましたが、
    そこも含めて、より幅広い面からミスチルがみれたかなって思いました。

全6件中 1 - 6件を表示

別冊宝島編集部の作品

ツイートする