齋藤孝の相手を伸ばす!教え力 (宝島社文庫)

著者 :
  • 宝島社
4.00
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796664707

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者の元来の専門である教育学での知見をもとにして、一般の読者向けに分かりやすく解説している本です。教師など職業として教育にたずさわる者だけでなく、親や会社の上司などにも役立つような内容になっています。

    著者の教育論の下敷きにあるのは、竹内敏晴の身体論に近い内容を持った、独自の身体観だと思われますが、本書では著者自身の身体論そのものに詳しく立ち入ることなく、日々の教育の現場で役立つようなメソッドを抽出しています。そのぶん実用的な内容だと言えるのですが、著者の身体論に基づいたコミュニケーション理論に関心のある読者には、ちょっと食い足りない印象を抱かせるような気がします。

  • 人に教えることがこれほど奥深いのかと感じた。著者の20年の研究成果のすごさがわかる。教えるということは自分にとってもメリットがあり、教えることの重要性を再認識した。

  • 教える側の「あこがれる力」が大事、というところがいいなと思いました♪参考になります!

  • コメント力・質問力・段取り力をまとめたような本です。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

齋藤孝の作品

齋藤孝の相手を伸ばす!教え力 (宝島社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする