大人のための怪奇掌篇 (宝島社文庫)

著者 :
  • 宝島社
3.44
  • (6)
  • (14)
  • (17)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 149
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796665087

作品紹介・あらすじ

死/毒/膿/変異/狂気/憑依/畸形/醜行/拷問/吸血/食人/生贄…まるで悪夢の連なりのような20篇。知的な恐怖と乾いた笑いが織りなす非現実の世界。人生の残酷さや馬鹿馬鹿しさをデフォルメし、見事な仕掛けと隙のない文章、堅牢なエスプリ、通奏低音としてのエロスで描いた倉橋怪奇小説。うれしくなるほどの怖さで20の夜の愉しみを約束してくれる、純文学の香り高い極上エンターテインメント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編というにはもっと短い掌編(≒ショートショート)なので、8ページ程度のものが全部で20編。残酷童話のシリーズよりも、怪奇というだけあって怖めだったかも。といってもそこは倉橋由美子なので、どんなにグロい話も上質な印象は崩れないのですけど。

    どれも面白かったですが、個人的には、ベタだけど吸血鬼ものの「ヴァンピールの会」、中国の古い妖怪(?)“飛頭蛮”の血を引く女性の話「首の飛ぶ女」、人間の首から上そっくりな植物のようなものを拾って育てる「アポロンの首」あたりが好きでした。アポロンの首は、もし自分が拾ったらやっぱり育てちゃうかも(笑)。

    ガリバー旅行記のパロディみたいな「オーグル国渡航記」や、タイトルまんまの「カニパリスト夫妻」、アラビアンナイトモチーフの「イフリートの復讐」なんかは、結構ゾっとしました。男の子がお風呂に浸かって居眠りしてる間に溶けちゃって骨だけになっちゃう「事故」は、それでも普通に学校に通って女の子にモテちゃったりするあたりちょっとユーモラスで、他のと毛色が違う面白さがあったかな。

    ※収録
    ヴァンピールの会/革命/首の飛ぶ女/事故/獣の夢/幽霊屋敷/アポロンの首/発狂/オーグル国渡航記/鬼女の面/聖家族/生還/交換/瓶の中の恋人たち/月の都/カニバリスト夫妻/夕顔/無鬼論/カボチャ奇譚/イフリートの復讐

  • なんとなくきれいなような

     怪奇物語なんだが、ショートショートで余韻を楽しむタイプかな。でも、インパクトが薄くて半分でギブアップ。残念。

  • 怪奇か…。うん、まさに怪奇。予想に反してエロでグロでシュールでそれでいてユーモア。色々なテイストが放り込まれた怪奇短編が20編程ある。現実と非現実の世界を著者のインテリジェンスな筆力が更に大きな世界観を造り上げる。毒気とユーモアがあり、時には寒気のする話のオチも僕的には新鮮だった。また不思議な作家さんに出逢えましたね。

  • 倉橋由美子流アラビアンナイト、もしくは夢十夜(いや20編収録だから二十夜か)。寝しなに読めば夢への入口に誘ってくれること請け合い。ただし悪夢。かなりグロテクスだったりエロティックだったりするんだけれど、この人特有のクラス意識が前面に出ているので品がいい。神話や古典文学の知識はユーモアとして毒盛るからなお一層品がいい。平民の私はもう平伏すしかない。けど本当はちょっと鼻に付いたりもしてる。

  • 買ったまま、数年間放置したまま忘れていた一冊。
    なぜ、読まなかったのか?もっと、早く出会っていたはずなのに……。
    山田風太郎『奇想小説集』(残念ながら、現在手元にはないのであるが…)が好きな自分。方向性や文体は全く異なるが、「ナイナイ」とヒネた見方をせず、物語の世界に身をまかせるという点。目の付け所、モノの見方に独自性があるという点。これらの点には共通性を感じる。
    一篇10p前後で全20篇テンポ感もいい。
    自分のお気に入りは「鬼女の面」「聖家族」「カニバリスト夫妻」。

  • 幻想的な文学の作家と言えば、川上弘美や小川洋子の名が上がるが、その1世代前には倉橋由美子がいた。その倉橋の作風は、古典的な格調とペダンティックな雰囲気とを常に持っていた。これは、世代が古いから古典的であるとか、川上や小川の格調が高くないという意味では決してない。あくまでも、そのようなスタイルということだ。倉橋はまぎれもなく、独自の様式を持っていたのである。本書は20の掌編を収めるが、1つ1つはこんなに短くても、読者を幻想世界、物語世界に誘うことができる。そして、そのいずれにも倉橋の様式が貫かれているだ。

  • 短編20編。
    首の飛ぶ女はとても面白かった。
    飛頭蛮懐かしい。
    エログロではあるが、下品さ、しつこさはなく読み易かった。

  • 実に20篇もの短編集で、どれも短いので読みやすい。
    タイトルに「大人のための~」と使っているだけあり、
    ただ怖いだけではなくそこはかとないエロス漂う文章が多かった。
    解説に、『おどろおどろしくも不思議に怖く美しい死の世界』とあったが、
    まさにその通りだと思った。

  • 後味が何とも…
    不思議な感じ。
    暗いぼんやりした雰囲気。掌編20話。
    ゆっくり読んだ方がよかったな。

  • 実は好きなんですよね(。-_-。)怖い、というより、グロ?でも情景は美しく感じます。

全16件中 1 - 10件を表示

大人のための怪奇掌篇 (宝島社文庫)のその他の作品

倉橋由美子の作品

大人のための怪奇掌篇 (宝島社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする