ニッポン「奇怪島」異聞 (別冊宝島1636 ノンフィクション) (別冊宝島 1636 ノンフィクション)

  • 宝島社
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (103ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796666534

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内容紹介(アマゾンより引用)
    日本には大小6800という驚くべき数の島々がある。
    離島という四方を海で隔絶された空間は、ひとつの国である。
    全てが島の中で完結されるという世界観の中で、
    人々の思考や習俗は内向し、独自の“異質な文化”が根付いている。
    それは交通や情報が高度に発達した現代にあっても、
    その島がかつて経験した“遺伝子”が存在する限り、
    たやすくは消え去らない。
    前作『ニッポン「不思議島」異聞』発行から3年、
    今回は新たに14の調査報告をまとめた。
    因襲・古代祭祀・祟り・謎・タブー……
    日本最後の秘境を往く民俗学ルポ第2弾!

    **************

  • 行ってはいけない!ニッポン「不思議島」異聞 (別冊宝島 (1323)) http://booklog.jp/users/ms-k/archives/479665304X (ISBN-13: 978-4796653046)の続編。
    これもまた興味深い「島」独自の文化の話

全2件中 1 - 2件を表示

ニッポン「奇怪島」異聞 (別冊宝島1636 ノンフィクション) (別冊宝島 1636 ノンフィクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする