イノセント・ゲリラの祝祭

著者 :
  • 宝島社
3.31
  • (160)
  • (390)
  • (750)
  • (165)
  • (37)
本棚登録 : 3201
レビュー : 437
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796666763

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読む順番をちょっと間違えた。でも、おもしろかった。彦根先生の頭のキレ度には尊敬すら感じた。フィクションではあるが、あんなに頭のキレる人が(きっと)世の中にはいるんだなと思った。

  • 途中、まったく分からない事件の話やらなんやら出てきたのですが、あれは別の作品で描かれているのだろうか。
    今度は病院じゃなく、厚労省での闘いです。
    官僚やら教授やら、腹になにかを抱えた魑魅魍魎相手に田口先生も頑張ってます。
    いろいろ理解を越えた話も出てくるけど、田口と小倉の話、ちょっと泣けた。遺族の気持ち、痛いほど分かるよ。 少しでも救われたらいいなあ。

    これはひとつの小説にすぎませんが、それでも応援し、手に汗握り、彦根の言葉にわくわくしました。 現実に少しでも活かされればいい。

  • 東城大学医学部付属病院4階。
    万年講師の田口公平は、いつものように高階病院長に呼ばれ、無理難題を押しつけられようとしていた。
    「お願いがありまして…」そう言って取り出した依頼状の差出人はあの火喰い鳥、白鳥圭輔。
    厚生労働省で行われる会議への出席依頼だった。

    田口・白鳥シリーズ第4弾。
    今回は、彦根の本領発揮。

  • 【内容】
    チームバチスタの栄光から始まった、田口医師のシリーズ。
    今度は、医療事故死の原因究明のために、AIを主体とするのか、解剖を主体のするのか等を検討する検討会(?ワーキンググループ)での出来事を描く。
    解剖にも、司法解剖(刑事事件に関わる解剖)と??解剖(民間側で行う解剖?)があり、解剖にかかる多くのお金は病院持ち出しになっているのが実態。
    そのために、多くの遺体は解剖されず、死因の特定ができていない。
    これを打破するためには。。。
    【得たもの?やってみること】
    ・日本では、ほとんどの場合、解剖しての死因特定がされていないという実態。

    【感想】
    この著者の一貫した主張で、死因を特定するための一つの手段として、AIを導入するべき。
    この主張のための手段として小説を書いているようで、この話も決着したのかしてないのかよくわからない。
    また、思わせぶりにいろいろなキャラクターを出してくるが、イマイチ生きていないように感じる。

  • 私には難しかったようだ。
    シオンさんは何のために登場したんだろう。次への伏線?

    #ブックオフ

  • AIや医療庁についてのことで難しかった。彦根のいっていることなどが面白いと思われるのだが、私には解読不能だった。全部が会議なのに、本は面白い!

  • シリーズ4作目。事件などは起こらず討論会に終始した作品。難しくて取っつきにくかった。でも作者の一番書きたかった内容(Ai)なのかな?姫宮の潜入捜査、彦根のその後とか次への期待が膨らむ要素はあった。 

  • バチスタシリーズ4作目

    今回は厚生労働省を舞台に
    完了と医者と教授となんやらと・・・の
    Ai導入をめぐる激しい論争がメイン

    フィクションとはいえ、現役の勤務医が書いた話は
    たぶんほとんど現実と変わりなくて、
    医療行政って本当に複雑なんだろうなと思う

    論理展開が私には難しすぎて
    なかなか内容が入ってこなかったけど、
    伏線だらけなので次の作品に期待!

  • おもしろかった。
    ほとんどの場面が、会議室の中という特集な環境。
    作者のAIについての宣伝のようにも感じ、ついていけない面もあるが、読みやすく、楽しめた。
    次作に期待!

  • 既読

全437件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

海堂 尊(かいどう たける)
1961年、千葉県生まれの作家、医師。医師としての所属は、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所・放射線医学総合研究所病院勤務(2018年3月時)。
2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、作家デビュー。
同作はのちに『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。映画・テレビドラマ化もされた代表作となった。

イノセント・ゲリラの祝祭のその他の作品

海堂尊の作品

ツイートする