イノセント・ゲリラの祝祭

著者 :
  • 宝島社
3.32
  • (160)
  • (390)
  • (749)
  • (164)
  • (36)
本棚登録 : 3194
レビュー : 436
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796666763

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 彦根先生登場!
    役者はそろいましたな、、

  • 病院モノと言うより、政治的な内容でスリルはあまり感じなかった。

  • 医療行政を巡る厚労省内の話に田口、白鳥コンビを突っ込んだ感じですね。
    作者の主張は分かるけど、話として面白いかどうか、という点で凡庸なのかな。

  •  シリーズの主役級が、みんな登場。ちょい役もあるが、とても楽しく海堂ワールドに入り込める。姫宮不在は、同時に読んでいる『極北クレーマー』のほうで活躍しているから。たまたまのタイミングだが、同時に物語が進むのはおもしろい。

     しかしながら、新しい登場人物が多いのも事実。さほど色がないため、どうもとってつけた感が先行する。それだけ曲者が多すぎるということか。新登場の彦根医師は、少しスーパーマン過ぎる。存在意義不明の美人女医も含め。

     ラストは会議室内がほとんどで、それはそれで緊迫感あって良いと思うが、とうも AI に話が偏り過ぎて、物語としては消化不良かな。少しだけ残念。

  • このミス大賞から始まったシリーズですが、今回は完全にミステリー要素は無しですね。
    謎解きに変わる見所は、全36章の中の3章に渡る彦根医師の圧巻の演説。
    法医学者の解剖至上主義を2%の解剖率と解剖の死因特定率の不明確性を根拠に否定し、法学界の解剖負担の医療への依存を批判し、と、いくつもの組織、個人を攻撃しまくる、正にゲリラの咆哮。
    きっと、ここで書かれているのが作者の主張であり、これが書きたいがための本なんでしょうね。

    個人的には、ワテはワテのやり方がある、と決意を固めた凡人代表の坂田局長の動向が気になります。
    なんか、破滅の道へ踏み出している気もしますが…。

    この本が書かれて4年。
    医療庁はまだ創設されていませんが、2009年には一般財団法人Ai情報センターという施設も設立されたらしく、少しづつ状況は良くなっているのかも知れません。

  • 大学の戦いというのは会議室で起きるものなのだろう。
    しかし話のほとんどが会議室っておかしいだろう。花がない。山がない。

    AI技術がいかに現代社会に必要なのかわかった。
    けれど、そんな議論は求めていなかったなあ。

  • 前半、ちょっとだるい。
    でも途中からはがんがん読めます。

  • バチスタシリーズの中で今回は少し特殊?厚労省の中での白鳥たちの爽快感たっぷりの話です。

  • 〈内容〉今回の舞台は厚生労働省。なんと、窓際医師の田口が、ロジカルモンスター白鳥の本丸・医療事故調査委員会に殴り込み!? グズグズな医療行政を田口・白鳥コンビは変えることができるのか……。

  • ☆☆☆$$最高に面白かった。今回は密室劇であるが、$$得意の人物描写と論理展開はまさに真骨頂だと思う。

全436件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

海堂 尊(かいどう たける)
1961年、千葉県生まれの作家、医師。医師としての所属は、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所・放射線医学総合研究所病院勤務(2018年3月時)。
2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、作家デビュー。
同作はのちに『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。映画・テレビドラマ化もされた代表作となった。

イノセント・ゲリラの祝祭のその他の作品

海堂尊の作品

ツイートする