イノセント・ゲリラの祝祭

著者 :
  • 宝島社
3.32
  • (160)
  • (390)
  • (749)
  • (164)
  • (36)
本棚登録 : 3194
レビュー : 436
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796666763

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ?チームバチスタ○
    ?ナイチンゲール×
    ?ジェネラルルージュ◎
    と期待された第4弾でしたが、ミステリー色は皆無。
    たぶんカテゴリーとしては新書。残念。

    自作は螺鈿迷宮と重なりそうで少しだけ期待。

  • 今までのシリーズでも鼻についた、作者のエーアイゴリ押しが濃縮された一冊。
    エーアイに反対するのは頭も性格も悪い愚者ばかり!とひたすら繰り返される。
    今までのシリーズからエンターテイメント要素を抜いた感じ。

    「北」だ「南」だ「潜入」と思わせぶりな伏線が張られるが、特に回収されず、何の事件も起きない。

  • 私には難しかったようだ。
    シオンさんは何のために登場したんだろう。次への伏線?

    #ブックオフ

  •  シリーズの主役級が、みんな登場。ちょい役もあるが、とても楽しく海堂ワールドに入り込める。姫宮不在は、同時に読んでいる『極北クレーマー』のほうで活躍しているから。たまたまのタイミングだが、同時に物語が進むのはおもしろい。

     しかしながら、新しい登場人物が多いのも事実。さほど色がないため、どうもとってつけた感が先行する。それだけ曲者が多すぎるということか。新登場の彦根医師は、少しスーパーマン過ぎる。存在意義不明の美人女医も含め。

     ラストは会議室内がほとんどで、それはそれで緊迫感あって良いと思うが、とうも AI に話が偏り過ぎて、物語としては消化不良かな。少しだけ残念。

  • 何も事件がおきない。政略の出し合いしかない退屈なストーリー。時間軸で展開させる今後の布石としか見えない。。。

  • だめだ・・・。
    むずかしいぃぃ。
    厚労省と医療の大人な話。

  • 海堂作品の中では中の下かな。
    会議室内の描写が多すぎる。
    ただ、主要人物ひとりひとりはやはり魅力的で、彼らが今後どうなっていくのか、という興味をかきたてる海堂マジックは健在。

  • 田口さんの成長振りが窺えるけれど、内容的には私には少々つらかった。海堂氏の言いたいこと総集編みたいな。 ナイス!

  • 厚労省の会議が中心のお話。司法vs医療の話し合いで難しい話題が多い。グッチーと白鳥コンビより彦根先生がメインかな。

  • ストーリー性やドラマ性を楽しみたいわたしには全然興味のない医療問題部分に力が入りすぎてて、まったく楽しめなかった。今まで面白かったという期待値との落差の分も込めて、ひさびさの★ひとつ;;

著者プロフィール

海堂 尊(かいどう たける)
1961年、千葉県生まれの作家、医師。医師としての所属は、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所・放射線医学総合研究所病院勤務(2018年3月時)。
2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、作家デビュー。
同作はのちに『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。映画・テレビドラマ化もされた代表作となった。

イノセント・ゲリラの祝祭のその他の作品

海堂尊の作品

ツイートする