イノセント・ゲリラの祝祭

著者 :
  • 宝島社
3.32
  • (160)
  • (390)
  • (749)
  • (164)
  • (36)
本棚登録 : 3194
レビュー : 436
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796666763

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • キャラクターをものすごくわかりやすくシンプルに、ステレオタイプに過ぎるくらいに設定しているのがこのシリーズの特徴かなぁ。

    個人的には坂田局長が好きだ。

    電車で読むにはよかった。

  • 東城大学医学部付属病院の田口講師は高階病院長の呼び出しを受けた。病院長室で田口先生は、厚生労働省の会合に自分の代わりに出席するようにと、高階病院長から指示された。なんで自分が厚生労働省などに行かなければならないのかと不思議に思いながら新幹線に揺られていた。もうすぐ東京駅に着くというときに、隣の席で寝ている白鳥調査官に気が付いた。なんでこいつが隣にいるんだ?医療事故を裁くのは誰だ?そもそも裁かれるのは医師だけか?厚生労働省を巻き込んだ騒動が持ち上がる。

  • 読む順番をちょっと間違えた。でも、おもしろかった。彦根先生の頭のキレ度には尊敬すら感じた。フィクションではあるが、あんなに頭のキレる人が(きっと)世の中にはいるんだなと思った。

  • 法廷ものというジャンルがあるとしたら、これは委員会もの。
    刑事ものという名づけ方があるとしたら、これは官僚もの。
    委員会ものなのに面白い~。不思議。

  • 彦根祭。彦根、詩人的で怪しい人にも思える(苦笑)
    田口先生は無欲だと信じて疑わなかったけど、無意識に上を目指しているのだったらそれも面白い。

  • 現場では無く、会議内の論争が主で、官僚と医療の実態が面白かった。

  • 今回は討論会ってかんじだったなぁ。
    議事録読んでるみたいな。
    でも彦根先生が気に入ったのでラストの彦根劇場は良かった。次巻でもまた登場するらしいので期待を含め☆四つ。
    しかしAiってすごいなー。
    や、凡人には何が正しいかわからないけど自分が当事者になったらやはり真実を知りたいなと思う。Aiが真実を教えてくれるのならどんどん浸透していってほしい。

  • 作者の意図が色濃い
    チームバチスタでは登場人物のアクが強いと感じたが、今作はあまりそう感じず、こんな人物設定だったのかなと思った。

    現代日本の医療制度の問題が次々指摘され面白く読めたが、話の中心が討論会で人によっては退屈かも知れない。

    映像化はまずされない内容と言えるが、作者の描きたいことがストレートに書かれているように感じる。

  • 話の内容は専門的な内容も多く、理解しづらい部分もあったが、ストーリーが面白かったです。良い意味にで予想していた展開を裏切ってくれて、さくさくと読み進めることができました。それぞれのキャラはやりすぎな感もありましたが、どこか気になってしまうのが絶妙でした。

  • [墨田区図書館]

    「チーム・バチスタの栄光」シリーズ。
    今回は病院の外、著者の関係するAiセンターについての本当にありそうな会議顛末を描いていて、これまでのなかで一番ミステリからは遠のいている。人間関係、というか交渉術、というか。彦根という新たにアクの強い人物も登場してきて、今後も続くであろうAiセンターがらみの展開で絡んできそうな気配で先々も楽しみ。

著者プロフィール

海堂 尊(かいどう たける)
1961年、千葉県生まれの作家、医師。医師としての所属は、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所・放射線医学総合研究所病院勤務(2018年3月時)。
2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、作家デビュー。
同作はのちに『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。映画・テレビドラマ化もされた代表作となった。

イノセント・ゲリラの祝祭のその他の作品

海堂尊の作品

ツイートする