蜜蜂のデザート

著者 :
  • 宝島社
3.29
  • (14)
  • (80)
  • (128)
  • (24)
  • (5)
  • 本棚登録 :459
  • レビュー :114
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796667142

作品紹介・あらすじ

柴山幸太は、神戸でフレンチスタイルのビストロを営む料理人。店はいつも賑わっていたが、誰もが料理の味を絶賛する一方で、デザートの感想を語ってくれない。不満を抱いた彼はデザートに力を入れようと、持ち前の探究心で新感覚スイーツの開発を目指すが、そのために思わぬ事件に巻き込まれることに…。ひとりの女の人生を狂わせた、とあるパティスリーで発生した食中毒事件。その裏には何が隠されているのか?次々と起こる事件は何を物語っているのか?華やかなパティスリー界の舞台裏で繰り広げられるパティシエたちの葛藤と、「食の安全」を問う「ビストロ・コウタ」シリーズの第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ビストロ・コウタ」シリーズ2作目。
    相変わらず美味しそうな濃厚フレンチに加え、今作ではデザートにも力が入っています。

    パリ・ブレスト。
    ミルフイユ。
    フォンダンショコラ。
    スフレ。
    華やかに艶めいて甘ーいデザートの数々。

    この、べちゃぁっとした関西弁には(関西人として)抵抗を覚えますが三宮にこんなお店があったらなぁ。。

  • 続編のこちらは「食の安全」「食中毒」がテーマ。
    こっちのほうが、内容だけでなく文章そのものが読みやすくおもしろかった。
    神戸は料理だけでなく、ケーキもおいしいもんねぇ。

  • 前作が強烈だったのでドキドキしながら読んでみたけど、今回はスイーツ縛りのミステリーでそんなド肝を抜くような話ではなかった。

    けど、面白かったし、綾香がなにをおねだりしたのかがちょっと気になった(笑)

    2017.10.13 読了

  • 【あらすじ】
    柴山幸太は、神戸でフレンチスタイルのビストロを営む料理人。店はいつも賑わっていたが、誰もが料理の味を絶賛する一方で、デザートの感想を語ってくれない。不満を抱いた彼はデザートに力を入れようと、持ち前の探究心で新感覚スイーツの開発を目指すが、そのために思わぬ事件に巻き込まれることに…。ひとりの女の人生を狂わせた、とあるパティスリーで発生した食中毒事件。その裏には何が隠されているのか?次々と起こる事件は何を物語っているのか?華やかなパティスリー界の舞台裏で繰り広げられるパティシエたちの葛藤と、「食の安全」を問う「ビストロ・コウタ」シリーズの第2弾。

    【感想】

  • 「禁断のパンダ」にも登場したビストロシェフが主役。
    コース料理のデザート作りに悩む日々の中、食中毒と殺人の事件がおきた。そんなお話。
    禁断のパンダと同じく読んでて吐きそうな気持ち悪さで表現されている。
    登場人物も皆ねっとりしたタイプで誰もが怪しい。
    途中、シェフが考えたデザートレシピを他人に見せちゃうあたりがちょっとしらけるけど・・・でもま最後まで読みやすかった。

  • まじ足の化膿傷からの菌をクリームにとか、
    まじ最悪。こんな女、死ね。
    翻弄されて許されたと思ったのに
    いきなり脅される柿田カワイソス。
    坂本キャラ変わりすぎで意味不明。
    美味しいものは食べたいな〜

  • 頭をフル回転させてもギリギリまで犯人わからず。お見事なようなずるいような。

  • 前作の禁断のパンだがめちゃめちゃ怖かった…というか気持ち悪かったのですが「これは大丈夫」と教えてもらって読んでみたら怖くなかった…良かった♪ちょっとたちの悪い犯罪ではあるけど、人に幸せを提供するはずの美味しいもの、も紙一重で恐ろしいことになる、というのは良く分かりました。関西弁が少しくどすぎるかなぁ…花隈やら芦屋の方の話し言葉には思えなかった。気持ち悪い表現もありましたが、比較的マイルドに終わって良かったです。スイーツの表現が美味しそうで夜なのに甘いもの食べたくなりました(*´ー`)

  • 菌を作る描写がなかなかにエグい
    話は好きなんだけど人物がちょっと…
    主人公をあまり好きになれないし坂本もどうなのって感じ
    千夏さんが可哀想だった

  • 甘いタイトルとは裏腹に不穏な空気満載の書き出し
    眉をひそめつつ読み進めると急に場面転換で、誰が主人公なのか把握するのに時間がかかった…

    食中毒に盗作にと事件多発
    この人が犯人?いや、やっぱりこの人?いやいやこの人か?…疑わしい人物がたくさん

    フィクションだけど、食に携わることの危険や責任がひしひしと伝わる
    安易に関わってはいけない、覚悟が必要なこと、関係する人には読んで欲しい作品

    余談だけど、これシリーズ物だったんだね
    こっち先に読んでしまった順番間違えた…

全114件中 1 - 10件を表示

蜜蜂のデザートのその他の作品

拓未司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

蜜蜂のデザートを本棚に登録しているひと

ツイートする