願いをかなえる眠りはじめの5分間 (宝島社文庫)

著者 :
  • 宝島社
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796668354

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これはいい

  • 以下印象的な箇所のメモ。

    ・意志力よりも、想像力の方が、人間の行動を決定する力を持つ。

    ・積極主義よりも、楽天主義の方が、有意義な人生を送ることができる。何故なら、強烈な意志を持って積極的に行動するよりも、自分の成すことは万事成功していると想像して、楽天的に生きている方が、強いから。

    ・「もし~ならば」とか「~なるかな」という仮定法の想像は実現しない。頭の中でも、それは仮定の現実でしかないから。すでにできたと思って想像していると、実現する。脳が想像の産物を、現実の産物だと錯覚してしまうから。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1932年、北海道北見市生まれ。東京農業大学、早稲田大学卒業。東京農業大学大学院博士後期課程終了。医学博士、農学博士。外資系企業の医療機器メーカー役員を経て、作家、栄養生化学者、健康科学者として活躍。長年にわたって抗老化(アンチエイジング)、心と体の制御関係について研究をすすめ、科学から捉えた人生100年時代の生き方論を提唱した。特に、大脳・自律神経系と人間の行動・言葉の関連性から導き出して提唱していた「口ぐせ理論」が話題を呼ぶ。全国各地で講演した「口ぐせ理論実践塾」セミナーは絶大な人気を誇り、全国で多数のファンを動員した。2012年没。

「2017年 『口ぐせ博士が教える 幸福をつかまえる考え方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

願いをかなえる眠りはじめの5分間 (宝島社文庫)のその他の作品

佐藤富雄の作品

願いをかなえる眠りはじめの5分間 (宝島社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする