名前のない女たち最終章 セックスと自殺のあいだで

著者 :
  • 宝島社
3.42
  • (3)
  • (5)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796669818

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 居場所を見つけようとして、少しのお金と一瞬の居場所を見つけるが、結局は心を蝕んでしまう。

  • 久しぶりに読み進めることがつらかった。娘を持つ男親は読んで絶対損はないと思う。今後メディアの向こう側のリアルに想いを馳せてしまうようになる。そして、身近な人のことを振り返る。自分自身が本当に幸せで愛に包まれた育てられ方をしたことを何度も考えた。そして、愛に包まれない育ちをした結果どうなるか、を考えさせらた。

  • 予想通りの内容かな

  • 最後まで救いがない…
    筆者の憂鬱さがにじみ出てくる。

  • 凄惨だ…あまりにも。セックスを商売にして、お金にする産業で働く彼女たちについて、どうしてそういう仕事を選んだのか?そして、彼女たちが一定の年齢に達したときどこへ向かうのか?いろいろ考えさせられた。

  • 前の2冊よりはまし。

全6件中 1 - 6件を表示

中村淳彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
石井 光太
有効な右矢印 無効な右矢印

名前のない女たち最終章 セックスと自殺のあいだでを本棚に登録しているひと

ツイートする