特別模範男 (宝島SUGOI文庫) (宝島SUGOI文庫 A ふ 2-1)

著者 :
  • 宝島社
3.83
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796670531

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「騎手の一分」読み終わって昔買ったまま積ん読になってたの思い出した。

    やっぱりこの頃の方が尖ってる。

  • 小島慶子アナと藤田伸二騎手って好き嫌いが両極端に分かれるのが面白い。勿論私は二人とも好き。性別も職業も全然違うのに。一匹狼タイプは「自称」は沢山いるが有名人で実践できるのは有限実行の実力がないと。匿名ブロガーと違って、家庭や一般人の一族郎党もいるのに、ここまで言わんでもいいことを活字にして残さんでも…。と一瞬引いてしまう。

    文章は田原さんよりうまいね。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

藤田 伸二(ふじた・しんじ)
1972年北海道新冠町生まれ。JRA騎手。
中学卒業後、牧場勤務を経て競馬学校入学(7期生)。1991年デビューし、JRA賞(最多勝利新人騎手賞)受賞。騎乗回数は1万4000回を数え、通算1829勝。
デビュー以来、武豊の27年連続に次ぐ21年連続重賞勝利を果たし、1996年のダービー(フサイチコンコルド)、1997年の有馬記念(シルクジャスティス)、2002年の宝塚記念(ダンツフレーム)、2010・2011年のジャパンカップダート連覇(トランセンド)、2011年の天皇賞・春(ヒルノダムール)など重賞93勝。
特別模範騎手賞、フェアプレー賞、優秀騎手賞など、表彰歴多数。
(記録はいずれも2013年4月1日現在)

「2013年 『騎手の一分――競馬界の真実』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤田伸二の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×