なぜ辞書を引かせると子どもは伸びるのか (宝島SUGOI文庫 F ふ 1-1)

著者 :
  • 宝島社
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796670685

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 勉強を学びと同じものとしてとらえる事で、遊びと学びは同等のものになる その通りだと思う。

  • 子どもに対する辞書の使い方はこんなにあるのかと驚きである。
    このやり方なら子どもと辞書の距離感が無くなる。
    少なくとも「枕」にはならない。
    自分で興味を持ち調べることは小学校時代に大きく伸びるのかと感じた。


    私自身も小学校時代に辞書を用いて調べるまではいかなかったが、
    暇だったので国語辞典&漢和辞典&図鑑&地図帳&電話帳はぼんやり眺めていた。
    それで学ぶ力が伸びたかというと、私は当てはまらないかもしれない。
    ただ、気になったことをすぐ調べるという習慣はしっかりついたと思っている。

    また、この本には上記の電話帳以外の辞書の引き方が掲載されている。
    掲載されているもので私が読まなかったのは和英辞典である。
    あまり英語は得意ではなく、外国人にほとんど日本語で話しかけている状態なので、
    小学校時代に和英辞典に出会っていたら…と考えてしまう。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

中部大学現代教育学部教授
国語辞典や漢字辞典を活用した「辞書引き学習法」を提唱、子どもたちが自分で調べ、自分で学ぶための勉強をサポートしている。小学生の学び、国語学習等に関する編著書も多数。講演、メディアを通じても多彩な活動を展開。特定非営利活動法人こども・ことば研究所理事長。

深谷圭助の作品

ツイートする