困った老人と上手につきあう方法 (宝島SUGOI文庫)

著者 :
  • 宝島社
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796671781

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「困った老人と上手につきあう方法」3

    著者 和田秀樹
    出版 宝島SUGOI文庫

    p77より引用
    “逆に考えれば、高齢者の精神的な安定を保てるような
    バックグラウンドーーつまり、よい人間関係や環境があれば、
    困った老人にはなりにくいということになる。”

     精神科医である著者による、
    周囲に迷惑をかける、
    元気な老人たちとの関係について書かれた一冊。
    困った老人になる原因から自分がそうならない方法まで、
    精神科医ならではの視点から書かれています。

     上記の引用は、
    高齢者の喪失体験に対するフォローについての項の一文。
    将来自分が困らないためには、
    普段からの人間関係構築が大切なのかも知れません。
     p49からの若いほどよいという考えに対する項からは、
    今のアンチエイジングブームについて書かれており、
    考えさせられる内容だと思います。
    テレビを見ていてもネットを見ていても、
    美白やらなんやらという文字を見かけない日はありません。
    元気であろうとすることは悪くはありませんが、
    何事もほどほどが良いのではないでしょうか。

    ーーーーー

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1960年大阪府生まれ。和田秀樹こころと体のクリニック院長。国際医療福祉大学大学院教授、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部非常勤講師。1985年東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローなどを経て現職。

困った老人と上手につきあう方法 (宝島SUGOI文庫)のその他の作品

和田秀樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする