「邪馬台国=畿内説」「箸墓=卑弥呼の墓説」の虚妄を衝く! (宝島社新書 296)

著者 :
  • 宝島社
4.29
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796673488

作品紹介・あらすじ

よそおいは「科学的」、内容は「支離滅裂」!歴博の研究グループの「炭素14年代測定法」による「箸墓古墳は卑弥呼の墓説」は、捏造に等しい。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一般には邪馬台国畿内説が優勢であるように見えるが、実は一部の研究グループによる恣意的なメディア操作によって成立していることを、考古学は科学の一分野であるという立場を鮮明につつ、主張している。
    科学の証明にはそのデータや論拠に再現性がなければならない。すなわち、測定方法や測定値・試料を公開して、誰にでも証明可能である状態によって初めて客観性を持つ証明となる。
    ところが邪馬台国畿内説をとる某国立研究機関は、誤差の著しい年代測定によって、試料の精密な選別も行わず、自説に都合のよい結果だけを学会発表の直前にメディアにリークし、考古学学会において反論しにくい環境を作って、邪馬台国畿内説を考古学的常識であるように世論形成している。
    この本によって、僕は邪馬台国九州説を「だと思う」から「確信する」ようになった。

  • [ 内容 ]
    よそおいは「科学的」、内容は「支離滅裂」!
    歴博の研究グループの「炭素14年代測定法」による「箸墓古墳は卑弥呼の墓説」は、捏造に等しい。

    [ 目次 ]
    プロローグ 誤りと偽りの「箸墓古墳=卑弥呼の墓説」
    第1部 卑弥呼は箸墓古墳には眠っていない!(奥山誠義氏報告書―「歴博仮説」成立の確率(可能性)は五~一%以下である
    報告書『箸墓古墳周辺の調査』―箸墓古墳の出土試料は四世紀を中心とする年代を示す
    西田茂氏報告書―土器付着炭化物の測定値は、年代が古く出る
    新井宏氏の論文―歴博データが「歴博仮説」を裏切っている)
    第2部 箸墓の築造は四世紀半ばである(出土土器―ホケノ山古墳から布留1式期の指標、小形丸底土器が出土している;出土鏡―ホケノ山古墳からは中国南方、呉系の鏡が出土している;『古事記』『日本書紀』―箸墓は『日本書紀』の伝承どおり第十代崇神天皇の時代に築造された;『魏志倭人伝』―ホケノ山古墳・箸墓は『魏志倭人伝』の記述「棺あって槨なし」などに合わない)
    第3部 「邪馬台国=北九州説」の検証(私の邪馬台国論―北九州の勢力が大和に東遷した!;私の卑弥呼論―「卑弥呼=天照大御神説」)
    エピローグ これは第二の「旧石器捏造事件」だ!

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 歴博に対する弾劾文?「箸墓古墳がAD240-260頃に築造された」という歴博の仮説に対して、1.炭素14測年代測定の値が古くなる(または誤差が大きくなる)ように測定している 2.出土物 3.『日本書紀』『魏志倭人伝』の記述との不一致 4.古墳の形状 から否定。寧ろ前述の証拠から4世紀半ばが妥当、という論旨。あえて宝島社新書から出してるのもマスコミ対策の一環?著者は邪馬台国東遷説を支持。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1934年、中国東北(旧満洲)生まれ。京都大学文学部卒業。文学博士。産業能率大学教授を経て、現在、古代史研究に専念。『季刊・邪馬台国』編集責任者。情報・古学会会員。
専攻は、日本古代史、言語学、心理学。『大和朝廷の起源』(勉誠出版)などの、本シリーズの既刊19点以外の主な著書に、次のようなものがある。
日本古代史関係…『神武東遷』(中央公論社)、『卑弥呼の謎』(講談社)、『邪馬台国への道』(筑摩書房)、『研究史邪馬台国の東遷』(新人物往来社)、『吉野ケ里遺跡と邪馬台国』(大和書房)、『奴国の滅亡』(毎日新聞社)、『新説:日本人の起源』(宝島社)、『邪馬台国はその後どうなったか』(廣済堂出版)、『日本誕生記Ⅰ、Ⅱ』『邪馬台国の真実』(PHP研究所)など。
言語学関係…『日本語の誕生』(大修館書店)、『日本語の成立』(講談社)、『日本語の起源を探る』『卑弥呼は日本語を話したか』(以上、PHP研究所)、『日本人と日本語の起源』(毎日新聞社)、『言語の科学』(朝倉書店)、『言語の数理』(筑摩書房)など。

安本美典の作品

ツイートする