イノセント・ゲリラの祝祭 (上) (宝島社文庫 C か 1-7)

著者 :
  • 宝島社
3.39
  • (159)
  • (401)
  • (617)
  • (144)
  • (23)
本棚登録 : 4239
レビュー : 294
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796673594

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最近の医療系エンターテイメントと言えば、
    この「バチスタシリーズ」と
    「ブラックジャックによろしく」が記憶に新しい。

    「ブラックジャック」が医療行為の問題を
    テーマにしているのに対して、
    「バチスタシリーズ」は医療にまつわる制度を
    問題にしていて、その設定の緻密さと、
    現役の医者が書いているという説得力も含んだ上で、
    よりエンターテインメントとして昇華していると思う。

    正直、興味があることではない薄いテーマな上に、
    理解するのが難しいのに(aiについて)
    読んでいて、わくわくが止まらない。
    さあ、はやく下巻を読もっと!


    医療に全く詳しくないから、
    このシリーズを通して伝えようとしている
    テーマのひとつ「aiの必要性」のついて、
    ここまで執拗に訴える必要があるのか。
    物語を読んでいる限りでは
    この訴えは正しいし必要の様に思うけど、
    一方だけの主張だけを鵜呑みにして
    信じるのも危険な気もする。

    海堂先生がリアルで訴えていることに
    興味を持たせることが目的なんだろうけど、
    高度なエンターテイメントとして
    昇華されている作品なだけに、
    盲信は危険なのではないだろうか。
    (自身で調べて、支持するのは何の問題もないし、
    むしろ推奨したいと思ってますよ)
    ということを念頭に置きながら、
    桜宮サーガに付き合っていこうと思う。

  • 海堂尊さん「イノセントゲリラの祝祭」上巻、読了。「神々の楽園」教団信者が遺体を前に疑惑を抱き始めた後、東城大学医学部付属病院の4階では、講師の田口が高階病院長より無理難題を押し付けられようとしていた。それは厚生労働省の火喰い鳥こと白鳥圭輔からの依頼、ある会議に出席してほしいというものだった。。
    田口・白鳥を始めお馴染みのキャラが繰り広げる医療エンターテイメント第4弾。上巻は登場人物の紹介がメインで、ミステリー要素は無いに等しい。それでも主要キャラの会話のやりとりは面白く、新キャラの登場で興味も増していく。気になるところで下巻へ突入。

  • 今回のはさすがに映画、ドラマ化はできないでしょ。
    最初の頃の作品と比べて、何だかもう…確かに題材は医療だけど、手術をするわけでも医療の現場が出てくるわけでもなく、作者の持論を展開しているだけ。
    いっそ新書にすればいいのに、小説らしさが微塵もない。
    内容も専門用語が多くて、素人には難しすぎる。

    そして初めて出てきた変テコ古臭い関西弁、相変わらずの変なあだ名、無駄に長い正式名称。
    読む度にイラッ…。
    やっぱりこの人の作風は、私に合いません。

  • 「チーム・バチスタの栄光」を再読したついでに、こちらも再読した。
    ・読んでいる途中でバチスタの後は「ナイチンゲールの沈黙」だったことに気付く。。
    ・バチスタほど読みやすくはないけれど、以前読んだときより面白く感じた。
    ・桜宮サーガを読み続けていて、登場人物がある程度分かっているからか?
    ・自分のレベルが少し上がったか。。?

    下巻も読む。

  • 東城大学医学部付属病院4階。万年講師の田口公平は、いつものように高階病院長に呼ばれ、無理難題を押しつけられようとしていた。「お願いがありまして…」そう言って取り出した依頼状の差出人はあの火喰い鳥、白鳥圭輔。厚生労働省で行われる会議への出席依頼だった。

  • 田口先生は相変わらず魅力的。
    でも、なんとなく読むのが疲れた。一癖も二癖もある人間が何人も出てくるからかな?
    「東京都二十三区内外殺人事件」が面白そうだから、下巻に期待。

  • 火鳥と田口コンビのシリーズです。
    今回田口先生が巻き込まれるのは厚生省の委員会。
    果たしてどこへ連れて行かれてしまうのやら……。

    登場人物と会話が面白い。

  • 田口、白鳥シリーズの4作目。
    舞台は病院を離れて官僚のいざこざが中心になって行って、わけが分からなくなってきた。何について話し合っているのか、それぞれの主張がよく分からないままの会議がぐだぐだ続き、盛り上がりどころもなく、読んでいて疲れた。白鳥が空気読まずぐだぐだな会議をぶった切ってくれるのが好きなのに。ジェネラルが面白かっただけに、残念だ。螺鈿迷宮を読んでいないので、話が分からない部分がちらほらありました。完全に読む順番を間違えたなぁ。でも上巻を読んでしまったので、下巻も読みます。

  • 事件は会議室で起こっている! 田口センセが厚労省の検討委員として招聘され、またもゴタゴタに巻き込まれた。今回は医療事故調に絡めて、行政上の異状死問題を取り上げる。都23区内の異状死体と都区外のそれの取り扱われ方の相違を描き分けている。宗教団体の信者暴行死事件も、上巻では店晒しのまま進行。新たな登場人物で、物語世界が膨張する(笑)

  • 感想は下巻にて。

全294件中 1 - 10件を表示

プロフィール

海堂 尊(かいどう たける)
1961年、千葉県生まれの作家、医師。医師としての所属は、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所・放射線医学総合研究所病院勤務(2018年3月時)。
2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、作家デビュー。
同作はのちに『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。映画・テレビドラマ化もされた代表作となった。

海堂尊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
伊坂 幸太郎
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

イノセント・ゲリラの祝祭 (上) (宝島社文庫 C か 1-7)に関連する談話室の質問

イノセント・ゲリラの祝祭 (上) (宝島社文庫 C か 1-7)を本棚に登録しているひと

ツイートする