イギリス式農家の整理術 カントリーサイドの節約12ヶ月

著者 :
  • 宝島社
3.00
  • (3)
  • (7)
  • (17)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 83
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796673600

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • B&B全て手作りのおもてなしね

  • イギリスのカントリーサイドの生活の様子がよく分かる本です。ファームハウスに泊まりたくなります。

  • 写真が多め!独特の井形慶子節...?
    整理術だけに終わらずイギリスの生活を載せている所は井形慶子さんのファンを裏切らないと思う...^^;

    私にはちょっと物足りない感有り

  • 表題には「整理術」とありますが、前半にイギリス農家の整理された家を紹介してあるものの、途中からは料理やヴィレッジマーケットやB&Bなどの紹介が続き、表題と内容のギャップを感じました。
    題名から想像していた内容とは違っていますが、オールカラーで写真はきれいだし、イギリスの田舎に行きたくなります。
    眺めていて楽しいですし、参考にしたいと思う収納方法や料理もありました。

  • 整理術ではない内容ばっかりだった。

  • タイトルが誇大な気がします。数件の農家のお宅の整理術を紹介しているだけで、本の途中から、中途半端にイギリス料理のレシピや洋服のリメイク、日本の農家情報や家具屋の宣伝などが書かれておりグダグダでした。
    プロフィールを拝見し、在英ではなく渡英ということで、妙に納得した次第です。

  • 何かお洒落に部屋の片づけできないかな、というのと欧米の家って何もしなくても可愛いよな、と思って買った。田舎に住みたい。

  • イギリスの片田舎で、家を手直ししながら大切にすごす人たちのインテリアや暮らし方を見て、うらやましく思う。家のサイズなど日本でも真似できることがちょっとあるかも。でも風土の違いもあるし、日本らしく、上手に取り入れられたら楽しそうー。

  • 整理術というより、イギリスの暮らしに焦点を当てたような本でした。宣伝っぽいページが残念でした。

  • 最初は素敵な雰囲気が漂うが、
    後半は広告めいた写真・文章が多く気が滅入った。

    私もイギリスは憧れるが、日本で真似をするのは
    季候・風土上なかなか難しいのではないだろうか…。

全19件中 1 - 10件を表示

プロフィール

自ら取材、撮影をもとに書いたイギリスのエッセイの他、住宅論、日英文化論、恋愛など多岐にわたる。 住宅ノンフィクションでは、東京都下にイギリスで見たコテージ風の家を建てた「戸建て願望」(新潮文庫)。 「老朽マンションの奇跡」(新潮文庫)、「よみがえれ!老朽家屋」(ちくま文庫)などがある。

井形慶子の作品

ツイートする