頭が10倍よくなる超睡眠脳の作り方

著者 :
  • 宝島社
3.18
  • (5)
  • (6)
  • (20)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 147
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796674409

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 睡眠は大好きだけれど、寝るのがもったいなくてついついスマホで電子書籍を読んで夜更かししたりするのは、良質な睡眠にはならないらしい…
    良質な睡眠にはすごいパワーがあるんだなあ…ただただビックリ。睡眠法は実践できなさそうだけど、アファメーションとか朝の儀式のように始めたら少しは賢くなれるかな。

  • 睡眠についての基本的な情報がのっている。
    睡眠導入方法は、独自のものがある。

  • 朝のアファメーションと、夜寝るときの瞑想法は私なりに取り入れてみようと思った。氏の本は何冊か読んだが、物事の抽象化と、体感について、繰り返し述べている。それが一番伝えたい事なのだろうと拝察するが、未だ理解出来ないでいる。もう少し具体的に平易に書いて頂けるとありがたい。

  • 著者は、2010のテーマを「自由」と設定しました。「自由」には2つあり、1つは、Freedom、もう1つは、Liberty。睡眠で、Libertyを手に入れることで、圧倒的に高い抽象思考ができると語っています。
    「多くの人は、睡眠に対してあまりにも無頓着過ぎます」・・・確かにそうかもしれないと思い、学習を兼ねつつ、著者の睡眠に対する思考に触れたくて購入しました。過去の作品の内容を知っていたため、すんなりと読めました。その中でも特に面白いと思ったのは、睡眠をコンフォートゾーンに設定してしまうという点。具体的な方法論(逆腹式呼吸法・チャクラ・睡眠前の入浴・光・脳波について1etc.)が描かれており、徹底的にリラックスをすることで、達成できるらしいです。睡眠をコンフォートゾーンにできるかどうかはわからないですが、快適な睡眠を目指してやってみようと思います。

  • 題名通りの内容。
    寝るまでに心がけることやそのメソッドを解説。
    科学的検証をもとに論じてるので
    信用度は高いです。
    試してみたい方法が満載!!

  • ■睡眠
    ○睡眠のメカニズム
    ・レム睡眠
    →記憶の長期化。
    →覚醒時に認識した情報は海馬に短期記憶として保存。(数日から数ヶ月)
    重要情報は大脳新皮質に移動し長期記憶化。
    →眠る数時間前までにあれこれ考えると睡眠後整理される。

    ・ノンレム睡眠
    →脳の休息、成長・保全・修復。

    ○いい睡眠環境の作り方
    →徹底的にリラックス状態にこだわる
    ・光をできるだけ減らす。
    →メラトニンを出す
    →太陽の光を浴びた14~15時間後に分泌。
    →光を浴びるとメラトニンが消えるので睡眠中光はNG
    ・無音にする。

  • 科学的な根拠に基づいたよい睡眠について説明されています。

    睡眠の種類や、睡眠によって得られる効果など、
    人は質のよい睡眠を取れば頭が覚醒し効果的に働くという趣旨のことが
    書かれていました。

    また、自分でできる睡眠導入法(瞑想ににたもの)も紹介されていたので、
    リラックス方法として取り入れたい方にもいいかもしれません。

  • 眠る前1時間は光を避けるということで携帯電話やテレビを見ないようにし、お風呂に入って体を温めると良いようだ。ベッドルームの温度はエアコンで一定に保つと良いらしい。

  • 一番大事なのは6時間睡眠と30分以内の昼寝!頭がよくなるには、朝、陽の光で目覚めて、シャワーを浴びながら「自分はこうなる」「今日すべきこと。したいこと」として自分に宿題をアファメーションする。これはフォトリーディングにも通じる潜在意識に働きかけることだ。夜は、リラックスして、真っ暗な部屋で音をシャットダウンして寝る。寝る前にヨガの屍ポーズがよい。
    早速昨夜、快眠のためのヨガのポーズ取ったまま寝てしまった。
    睡眠については、オーソドックスな解説の本だった。
    もともと快眠なため、私には必要なかったかな、この本。

  • 効果的な睡眠を取る方法については、一般的なことが書かれていたと思います。
    脳波の状況から見たときに、睡眠は瞑想をしているのと同じだという主張は斬新だと思いました。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

(とまべち・ひでと)1959年、東京生まれ。認知科学者(機能脳科学、計算言語学、認知心理学、分析哲学)。計算機科学者(計算機科学、離散数理、人工知能)。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、同CyLab兼任フェロー、株式会社ドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボ株式会社CEO。

「2018年 『いい習慣が脳を変える 健康・仕事・お金・IQ すべて手に入る!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

苫米地英人の作品

頭が10倍よくなる超睡眠脳の作り方を本棚に登録しているひと

ツイートする