LIBERTY PRINT 1875-2010 SPRING&SUMMER (e-MOOK)

  • 宝島社
3.75
  • (6)
  • (8)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (78ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796675604

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 期待した内容ではなかったです。

    過去から現在までのリバティプリントを網羅したカタログ的なものが見たかったので、物足りないです。

    付録のバッグは、縫製が少し雑で形もクタクタですが、さすがにプリントが可愛いのでエコバッグ的に使っています。

  • 値段を考えると、付録のバッグはこんなものかな~といった印象でした。
    でも、全体的には写真もきれいで、みているだけでも癒されます。

  • バックの方に期待大で、読み物としてはまったく期待してなかったのだけれど、本の部分が意外に?w すごくヨカッタ。何度も読み返したくなるし イギリスでの製作スタッフのファッションとかも紹介されていて内容が充実してましたv

    肝心のバックは、日本人がデザイン製作担当してるんですネ・・・
    イギリス人スタッフに依頼してほしかった・・・
    そんな カンジの仕上がりです。
    パイロット版的な リバティとは違う布にリバティプリントしてる?
    と 思いきや ホンモノのリバティ生地だったのが 嬉しかった。
    デザイン・おおきさ 内布の色や縫製には やや疑問。
    バック・イン・バックとして使うのには いいかも?!

  • ふろくのふくろは可愛かった!
    情報量は少ないかな。けど、最近リバティ好きになった初心者の私は、雑誌を眺めて楽しんでます。

  • 正直、おまけ目当てで購入。。。
    我が家にいっぱいある花柄が、「リバティプリント」だと
    初めて知りました。
    内容的には「そーなのかぁー」という感じで
    本当に好きな人には、モノ足りなのでは?

  • おまけのBAGが欲しくて購入。
    けれど、掲載されているレシピには使えそうなものもあって
    買って正解かな。

  • 付録のバッグもかわいかった!柄が春らしくてとてもいいです。折りじわがついてたのでアイロンかけなくちゃ。


    ムックの内容的にはもうちょっと柄の紹介がたくさんあってもよかったかも。リバティデザイナーのお子さんの部屋とかの小物がすごくかわいかった…! ああ、この生地もリバティだったんだなあ、私も持ってる!とかいろいろ気づいて楽しかった。
    ロンドンに行きたくなりました。

  • 付録のバッグ欲しさに購入しました…^^;
    本の中身は。。。
    イマイチだったかも。
    ハンドメイドする人にも、リバティの柄を楽しみたい人にも
    物足りなかった気がします。

    ムック本全盛期ですねー。
    付録につられてしまっても仕方ないかも(笑)

  • もう少し、リバティプリントの説明が欲しかったかな

  • 本日(2/24)予約。でも、入荷があるのかどうだか不明。入荷あったら購入。

    たくさん入荷あったので2/27の発売日に購入。
    リバティプリントのトートも可愛いし、中身も今までのブランドムックみたいなファッション誌じゃなくって、とっても良い感じ。
    リバティプリントを使ったソーイングが載っていて、さらに◎。手作りしたくなります。
    昔の装苑には(20年ぐらい前)リバティプリントの特集が載っていたことをなつかしく思い出しました。

全11件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
暮しの手帖編集部
ミヒャエル・エン...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする