のはなしさん

著者 :
  • 宝島社
4.06
  • (106)
  • (131)
  • (71)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 943
レビュー : 103
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796675871

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日曜日の午後に放送していたラジオ番組が好きで、よく聴いていました。今は深夜枠のようなので、残念ながら聞いていません。「のはなし」一作目から「に」をとばして「さん」を読みました。相変わらずばかばかしい、でも、ホロリとさせられるエピソードもあって、楽しく読めました。

  • 伊集院が好きなんだよな〜。ポエマーだね。

  • エッセイはメルマガに掲載されたものがが中心となっているので、どれもこれも短いものが多いのですが、これがもう何とも絶妙な話題ばかり。おもて立って意識することはないけれど、言われてみると「あぁ、わかるわかる」と思わずうなずいてしまうような、重箱の隅をつつくような話(いい意味で)のオンパレードです。

  • このエッセイには、多くのラジオリスナーを魅了してきた著者の魅力がたくさん詰まっている。

    日々のちょっとした出来事、細やかな心の機微を掬い出す感受性の鋭さと、それを見事にユーモラスに語る話術の巧さが素敵。

    卑屈な自分を曝け出そうとしながらも、どこかでそんな自分を冷静に見つめて抑制を効かせようとする奥ゆかしい人柄が文章から滲み出いて、愛着が湧いた。

  • 2、3頁ずつの様々なお題のエッセイ 割りと子ども時代の話が多いかな? 大笑いはないけどにやりとしてしまう話がいっぱい でも「んー」の話の円楽師匠にはしみじみ 最後の奥さんのメールも良い

  • ラジオの伊集院光トークとはまた違う印象。

    照れ隠しのせいでわりとよくある、脇道にはあまり逸れておらずわかりやすい。

    合いの手のワタナベがいないというのもあるかな。

  • この本の利用状況はこちらから(OPACへリンク)↓
    http://libopac.aiit.ac.jp/opac/books-query?mode=3&place=&code=30028571

  • 安心の面白さ。いや、期待を越えて面白い。
    お腹いっぱい笑った最後にほろりと泣かされた。

  • のはなし・のはなしにと同様、伊集院光がふとおもったことが小話調で何話も記載されている。肩の力を抜いて読める感じであっという間に読み終わってしまった。やはりこの人面白いな。

  • 読書感想文を書くのが本当に苦手ということは、20年前の自分と全くもって変わらず・・・三つ子の魂なんとやら。

    このシリーズは全て書店で購入しております。ブックオフで探すことも無く、またこの前あまりに部屋の邪魔になり、200冊程度の漫画とハードカバー、文庫本をいくつかの段ボールにいれて持ち込んだ日にも(合計3800円程度・・・)そのリストに加入することなく、部屋に置いてあります。

    単純に大好きな芸能人というだけなんですが、彼が考えていること、この「のはなしさん」だったり、深夜ラジオでは、まぁ陰鬱な自分にとってあるあるの話になるんですね。例えば「理屈馬鹿」の冒頭部分などは本当に最高でした。

    爆笑はしないけど、にやにやしてしまう、そんなエッセイ?集です。

全103件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

タレント

「2019年 『世間とズレながら、生きていく。(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊集院光の作品

ツイートする