モテれ。 (宝島社文庫 C は 4-1)

著者 :
  • 宝島社
3.19
  • (3)
  • (8)
  • (10)
  • (3)
  • (3)
  • 本棚登録 :93
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796677028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本を読んでモテるかどうかは別として、
    ただ読んでるだけでも面白いです!これは!

    著者さんの語り口がとてもいいです。

    そしてモテのテクニックだけではなく、女性として知っておきたいこと
    などが書かれていたのもよかったと思います。

    料理のところとか結構なるほどなーって思いました。

    そして気になったのが、
    エロいキーボードの打ち方ってどんなのでしょうか?(笑)
    ぜひ実演していただきたいものです…。

  • 超、面白かった。
    作者さんみたいな人と友達になりたい。
    「モテ」についてここまで真剣に取り組んでる作者さんがとっても面白くて魅力的!
    対人関係の作り方とか、細かい気配りとか「モテ」じゃなくても、気を配るところがあるなあって、本当、ためになった。
    笑顔と仕草と話し方と興味!がんばります(笑)

  • モテる技がたくさん。

  • 自分で培ってきた男づきあい人付き合いの正誤を再確認できる。
    正誤はもちろん人によるけどね。

  • わかりやすい!実用的!

    変なキレイゴトや誤魔化しが一切なく、著者の自虐ネタ混じりの毒舌で軽快な語り口で一気に読める、素晴らしい一冊です。

    巷にあふれてる「恋愛指南書」100冊読むより、これ1冊読むほうが絶対いい!ためになる!断言します^^

    「なんでわたしはモテないの~泣」と嘆いてる方は、是非一度読んでみてください!そして実践してください!自信を持っておすすめします^^

    嫌味のない著者にも好感が持てます♪

    「恋愛のバイブル」と言える一冊。★5つ!

  • 面白かったです。まー全部するのは自分は無理ですwホステスって職業するだけあるなと思いました。ここまでモテを研究するのはすごい。
    そうじゃなくて、でも日常気をつけたいこと、大声で笑わないとか、タメ語使わないとか、ようは礼儀作法にもう少し気をつけねばと反省しました。モテは目指さんけど、ちょっと女らしさ?の勉強になりました。

  • 真似出来ないだろうと思う。

  • 「お化粧という仮面をはいだら、犬さえ避けて通るようなブスなあたしが『モテれ。』などという偉そうな恋愛指南書を発売してもいいのだろうか?」とは作者談。

    何かのブログで紹介されてて「語り口が面白そうだな」と思ってたので、手にとってみた。これでモテるかはともかく・私がモテたいのかも一先ずおいておいて、軽い(ホントに軽い。ブログかTwitter読んでるみたい。)語り口が面白くて、女友達も多いんだろうなと思わせるのは流石だなぁ、と。

    毒と指南のバランスが大変面白くて、痛快な本です。モテたい人も、モテたいと騒ぐ世の中を斜めに見る人も一回読んでみるといいかもしれない。
    楽しい本だったし、「恋愛」でないところでも活用できそうなアイデアもちらほらあった。

  • 妹の本。 行動の目的が「もてたい」ことは置いておいて、 相手を思いやることや気遣うこと、 努力することはえらい。 しかし妹は何故に心理作用本が好きなのかなぁ。

  • 可もなく不可もなく。

    すべて短文で電車で読むには読みやすい内容かもしれません。

全13件中 1 - 10件を表示

春乃れぃの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

モテれ。 (宝島社文庫 C は 4-1)はこんな本です

モテれ。 (宝島社文庫 C は 4-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする